伝統の一戦で、来年につながる価値ある快勝!

©早稲田スポーツ新聞会

早慶戦1234567計

慶大00000000

早 大040304X11

〇伊藤、増田、坂、石原、田中、瀬戸、鈴木、反町―渡邉

関東大学選手権を終えてからほどなくして、今年の締めともいえる早慶戦が早大所沢キャンパスにて男女同時開催で行われた。試合は、格下の慶大相手に投打ともに圧倒する展開を見せるとともに、今まで登板経験がなかった選手たちがマウンドに上がるなど、来年につながるような戦いを見せてくれた。

大学初の登板となった田中だが、無失点に抑えてみせた

投手陣は従来であれば、伊藤貴世美(スポ3=千葉経大付)と増田侑季(スポ2=香川・高松南)の二人の完投ないし、継投によって戦われてきた。だが、二人の負担軽減や、新戦力を試す意味合いもあり、この試合では普段野手として出場する選手がマウンドに立つなど、計8人が登板することとなった。まず、初回を伊藤、2回を増田が危なげなく封じると、3回からは坂ひらり(スポ3=愛知・星城)が登板。ほとんど実戦での登板経験がない中でも見事に二者連続三振を含む三者凡退に切って取った。さらに石原伶奈(創理=東京・富士見)もゼロでつなぎ、普段ファーストとして出場している田中彩絵(スポ1=福岡・三瀦)がマウンドへ。「自分の思う投球ができなかった」と語ったように安打こそ許すものの本塁生還までは許さず、無失点で後続にあとを託した。そして、瀬戸真咲(文構3=神奈川・大和)、鈴木茉菜(スポ1=東京・鴎友学園女)、反町結佳(スポ1=愛知・瑞陵)と3連続で外野を主に守る選手が登板し、見事無失点に抑えた。

井田の適時打が勝利を確実なものとした

一方の打線も大きく機能。初回こそ無得点に終わるが、2回。瀬戸のセーフティーバントと二盗をきっかけに一、三塁の好機が生まれると、打席には鈴木が入った。リーグ戦、関東選手権を通じて長打力を特に課題としていた鈴木だったが、カウント1-2からの直球を左翼手の頭上まで跳ね返した打球が2点適時二塁打となり、鮮やかに先制に成功する。さらには小野寺詩織(スポ3=千葉経大付)の適時打や相手の暴投でさらに2点を追加し、この回一挙4点を挙げた。4回には渡邊佳子(スポ1=東京・学習院女)、鈴木、小野寺の3人がランニング本塁打を放つという驚異的な攻撃を見せ、じりじりと慶大を突き放していく。6回にも井田菜摘の2点適時打でさらに4点を挙げ、試合終了。11-0と、昨年に続き早慶戦で快勝を収めることとなった。

早慶戦MVPとして表彰される鈴木

試合後、この大会のMVPには野手として3打数3安打、投手としても1イニングを無失点に抑えた鈴木が選出された。新体制となってからの戦いで、得点力、より具体的に言うと長打力が明確な課題となっている現状からすると、鈴木をはじめとする野手陣の活躍は明るい兆しとなることは間違いない。さらには、田中を筆頭に高校まで投手として主に活躍してきた選手たちが実戦登板して結果を残すなど、投手陣の層の深化も期待させてくれる内容であった。現時点では上位校との差は依然としてあると言わざるを得ないが、来年に向けて準備をする時間は数多く残されている。『伝統の1戦』での活躍を来年度に向けどのように生かすのか…。選手一人ひとりのプレーから今後も目を離すことはできない。

(記事、写真 篠田雄大)

コメント

坂ひらり(スポ3=愛知・星城)

――早慶戦快勝おめでとうございます!

ありがとうございます!

――3回にはマウンドに上がり、三者凡退に抑えられました

普段投げている投手の後に出て、三者凡退に抑えられたことは良かったと思います。

――今後公式戦で登板する機会はありますか?

それはないと思います(笑)

――その後一塁守備にもつかれました

試合で一塁を守ったのは初めてだったんですけど、同級生が内野に多くいたので、あまり緊張せずプレー出来ました

――打席にも立たれました

自分としては良い内容ではなかったんですけど、それを反省として、これから頑張っていきたいです。

――普段、公式戦に出られることは少ないと思いますが、どのような形でチームに貢献したいですか

私は9月から選手復帰をして、まだ始めてからあまり期間が経っていなくて試合に出る機会も少ないと思うんですけど、これから経験を重ねて、先生の信頼を得ていきたいなと思います。

――今後の目標をお聞かせください

インカレ優勝が最終目標なので、それに向けて頑張っていきたいです!

田中彩絵(スポ1=福岡・三瀦)

――大学に入って試合で初めてマウンドに上がられたと思いますが、いかがでしたか

思ったより緊張はしなかったのですが、自分が思うような投球はできなかったので、この冬にもっとトレーニングを積んで来年には戦力として登板できるようにしたいです。

――これまで投手を務められた経験はあるのですか

高校まではずっと投手だけをやっていましたが、大学から初めて野手として試合に出るようになりました。

――リーグ戦通して数多くの試合でレギュラーとして出場されましたが、ここまでやってみての感想はいかがですか

大学に入ってから全然打てていなくて、気持ちが空回りしている部分があるので、なかなかうまくいかないところが大きいです。

――春に向けて取り組みたいことは何ですか

まずは動きが全体的に遅いので、それをもっと早くできるようにこの冬にトレーニングをしていままで全然活躍できなかった分を春に取り返すつもりでやりたいです。

――今後の目標

今後は投手としても野手としても活躍できるようにしっかり準備していきたいです。でも、本職は投手なので、ゆくゆくはエースとしてマウンドに立てるように頑張っていきたいです。

鈴木茉菜(スポ1=東京・鷗友学園女)

――右翼方向へ放ったランニングホームランを振り返ってください

前の打席はレフト方向に打球が飛んでいたので、この打席ではライト方向に引っ張って打ってみたいと思っていました。そこでちょうどインコースにボールが来たので、綺麗に打つことができて良かったです。

――毎打席考えながら打つタイプなのですか

そういうわけではないんですけれど、自分の役目は次の打者につなぐということなので、それを意識しています。

――投げては1回無失点。投球を振り返っていかがでしたか

先頭バッターにフォアボールを出してしまったのがすごく悔しいです。自分はピッチャーとしてもやっていきたいと思っているので、しっかりと3人で抑えられるようにこれから頑張っていきたいです。

――秋季リーグ戦にも出場されていましたが、試合を通じて見つかった課題があれば教えてください

自分はパワーがないので、パワーをしっかりとつけたいです。また一つ一つの課題を振り返り、潰した上で、成長した姿を親や先輩方に見せられるように冬は取り組んでいきたいです。

――どんな選手となって春季リーグの開幕を迎えたいですか

チームの一員として、チームの役に立てるようになりたいと思っています。どんなかたちであれ、チームの役に立てる存在として春リーグを迎えたいです。

井田菜摘(スポ1=群馬・健大高崎)

――ご自身の打撃を振り返っていか何でしたか

全然、まだまだです。

――秋季リーグ戦と関東大学選手権では常にスタメン。この秋を振り返っていかがですか

チームとしては良い時もあるんですけれど、自分としてはまだまだチームに貢献し切れていないです。冬にしっかりと鍛えて頑張ります。

――どんなところを鍛えていきたいですか

まずは守備です。それと自分は小技も持っているので、細かいところを含めて全てを磨いて、つなぐバッティングができるようにしたいです。

――打撃の改善点と理想の打者像を教えてください

ノーアウトから出塁したり、チャンスを次の打者につなげられるようなバッターになりたいです。チームの流れを保って、大きなミスなく次につなげられるバッターを目指しています。

――どんな選手になって春を迎えたいですか

打撃では自分よりパワーがあるバッターが先輩にたくさんいるので、その先輩たちにつなぐことができるようにしたいです。守りでは、硬い守備はもちろんなんですけれど、攻める時だけではなく守備でも攻撃的なプレーができれば良いと思います。

――増子奈保前主将(スポ4=東京・日出)という非常に大きな存在がチームから抜けました。同じポジションである遊撃手として、どのように穴を埋めていきたいですか

もう、ただ頑張ります。