延長10回タイブレーク、明豊惜敗 明治神宮野球【大分県】

©有限会社大分合同新聞社

【明豊―高崎健康福祉大高崎】2回表明豊2死二塁、中村の左前打で二走宮川が生還=神宮球場
粘り強く投げた明豊のエース若杉

 明治神宮野球大会第3日は17日、神宮球場で準々決勝があった。高校の部の第1試合に九州地区代表の明豊が登場。1回戦をタイブレークの末に勝ち上がった高崎健康福祉大高崎(関東)に再びタイブレークに持ち込まれて4―5で敗れ、惜しくも準決勝進出はならなかった。

 【評】中盤以降に攻め手を欠いた明豊は、延長十回タイブレークの末に高崎健康福祉大高崎に敗れた。

 明豊は初回、中村の先頭打者安打などで1死二、三塁とし、狭間の犠飛で先制。さらに小川の適時打でこの回2点を挙げた。二回にも中村の適時打でリードを広げたが、中盤は本塁が遠く五回に同点に追い付かれた。

 八回に2死二塁から宮川の内野ゴロが敵失を誘って勝ち越したが、直後に再び同点とされ、勝負は延長十回タイブレークへ。明豊は無得点に終わった直後に1点を失った。 

〇序盤の優位生かせず

 じわじわと追い上げられ、最後にまくられた。優位に試合を進めた明豊だったが、延長十回タイブレークの末、高崎健康福祉大高崎にサヨナラ負けを喫した。川崎絢平監督は「接戦は予想していたが、向こうはいい形でしぶとく試合をつくった。こんなゲームを勝てるようにならんといかん」と課題を口にした。

 序盤は明豊ペースだった。初回、先頭中村洸斗(2年)の中前打、為藤隆心(同)の四球、布施心海(同)の犠打で1死二、三塁とし、狭間大暉(同)の中犠飛で理想的な先制につなげた。直後に小川聖太(同)が左前適時打を放って1点を加え、二回には中村が「直球に狙い、鋭い打球を打つことを心がけた」と2死二塁から左前適時打を放ち、3点目を挙げた。

 だが自慢の打線も豊富な投手陣を擁する相手の継投策の前に、本塁が遠くなり、五回までにリードを失った。八回に1点を勝ち越したが、直後に追いつかれた。

 勝負は無死一、二塁で始まるタイブレークへ。延長十回、明豊は4人目として登板した相手エースに対して強攻策を選択。死球などで二死満塁として宮川雄基(同)がしぶとく中前に落ちそうな打球を放ったが、中堅手の好捕に阻まれた。勢いづく相手に対し、直後の守備で明豊は1死後、満塁策で危機を脱しようとした。だが左中間への大きな犠飛で涙をのんだ。

 想定よりも早い〝冬入り〟となったが、やるべきことは多い。出場が有力視されている来春のセンバツに向けて川崎監督は「もう一回守りを鍛え直す」と再起を誓った。

〇エース若杉、熱投120球

 120球の熱投も実らなかった。明豊のエース若杉晟汰主将(2年)は「八回にリードした時点で抑えきれなかった自分の力不足。甘く入ったボールを見逃してくれなかった」と敗戦を背負った。

 「本調子にはまだ遠かったが、九州地区大会よりは上げてきた」(若杉)と、気迫の投球を続けた。同点で迎えた六回には1死二、三塁の場面で相手スクイズを低めの変化球で防ぎ、ピンチを脱した。

 だが1点をリードした直後の八回裏、先頭打者に許した安打から手痛い失点を喫した。勝ち越しこそ許さなかったが、相手は勢いづいた。迎えた延長十回タイブレーク、1死二、三塁から満塁策を取った。失点をすれば終わりという場面。相手4番を打ち取ろうとしたが、外野に運ばれた。

 故障明けだった九州地区大会は一度も完投できずに悔しい思いをした。それでも「自分が背中で示さなければならないという一心だった」という力投は仲間に十分届いていた。目標に掲げる日本一への挑戦は続く。チームの大黒柱は「必ずやり遂げる」と力を込めた。