宇垣美里「しよう!」「入れて~」下ネタ全開の“媚びたCM”に賛否!

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

宇垣美里

(C)まいじつ

11月1日から全国でオンエアされている、元TBSアナウンサー・宇垣美里が出演するCMの作風が、ネット上で賛否両論を招いている。

同CMは、洗濯機に入れて洗濯すると、衣類に香りが付けられるという製品を紹介するもの。「しよう!ビーズ男子」というキャッチフレーズが示すように男性がターゲットで、同製品を使って衣類からいい匂いを発することを推奨するものだ。

CMは一人称視点の映像で、宇垣は会社の先輩社員役を演じている。書類を受け取って目を通していると、こちらの匂いに気付いて「悪くないと思うよ…その香り」と思わせぶりにポツリ。また別のパターンでは、雨の中カバンを傘代わりに「入れて~!」と走り寄り、こちらが差す傘に入ると「好きかも…この香り」と囁く、何ともドキドキとさせられる構成だ。

 

ステレオタイプな発想が嫌悪感の原因?

宇垣の圧倒的な美貌が絶賛されている同CMだが、あまりにも男性に媚びたような演出や、男ウケだけを狙ったような先輩社員のキャラが「受け入れられない」という声も見られている。ネット上には、

《いちいち僕の心殺しに来るの本当やめてください》
《かわいさですべてを許されてるタイプ》
《こんな、先輩いたらゾッコン》

などとの〝賛〟に対し、

《媚び媚びで見るに耐えない》
《男が全員こんなあざとい女が好きだと思うなよ》
《「しよう!」「入れて~」下ネタ狙い過ぎ》
《「お前らこういうのが好きなんだろ?」感が見え見え》
《男も女もまとめて小馬鹿にしたようなCM》

など、〝否〟の意見も目立つ状況だ。

「同製品は男性がターゲットな上、〝あざとい〟がパブリックイメージの宇垣に〝あざとい〟キャラを演じさせているのだから、作り手側の狙い通りにできたCMと言っていいでしょう。問題はその先で、あまりに男ウケを狙ったキャラが女性層をイラつかせたり、『男はこういう女が好き』と決めてかかり、男性層が『バカにされている』と感じてしまうことまでは考えられなかったのでは。いずれにせよ、性別に対するステレオタイプな発想から、男女にかかわらず賛否を招いてしまいましたね。もっとも、賛否両論なのはあくまで作風であって、宇垣の美貌自体はこちらも男女から称賛されているのですが」(芸能ライター)

指定されたキャラとセリフをこなしただけで、まるで自身にも賛否の責任があるかのようになってしまった宇垣にとっては、災難なことこの上ない仕事だっただろう…。