JR東日本、「STARTUP_STATION」を12月4日から開催 未来の駅のサービスを体験

©Traicy Japan Inc,

JR東日本スタートアップは、12月4日から9日まで大宮駅西口イベントスペースで、JR東日本のアクセラレーションプログラム「JR東日本スタートアッププログラム2019」で採択したベンチャー企業と作る新しいサービスやビジネスのデモンストレーションを行う「STARTUP_STATION」を開催する。

QBIT Roboticsの最先端AI技術を使った無人ロボットパスタカフェ体験、ブイシンクのウルトラ自販機によるエキナカでの無人駅弁・スイーツ販売、ブランテックインターナショナルの瞬間凍結新技術による地域鮮魚の首都圏流通拡大の実験、MIRAI SAKE COMPANYのAI味覚判定を活用した日本酒レコメンドサービスによる新しい観光提案の、合計4社の協業プランを紹介する。

開催時間は午前11時から午後6時まで、4日のみ午後2時から。入場は無料。