【ノーカット】侍ジャパン 歓喜のシャンパンファイト!

©株式会社テレビ東京

17日、2009年のWBC以来10年ぶりとなる世界一に輝いた野球の日本代表・侍ジャパン。

試合後、都内で行われたシャンパンファイト 。スタートは松田宣浩の「サムライ世界一、乾杯!」という雄叫びから。

稲葉篤紀監督は「最高です!気持ちいい。選手が本当に頑張ってくれた。とにかく世界一にさせてあげたい一心だった」とコメント。

監督、コーチ、選手、スタッフの他に大会開幕直前に左足薬指骨折で離脱した秋山翔吾の姿もあった。

秋山の代わりに緊急招集された丸佳浩とツーショットでインタビューに答えた秋山は「丸が今足を踏みましたけど大丈夫です!本当に感謝しかない」と一個年下の後輩を称えた。

また意外な組み合わせもカメラの前に。

ソフトバンクの甲斐野央を発見した巨人の坂本勇人が「ルーキー!ルーキー!」とシャンパンを浴びせる一幕が。日本シリーズから調子を落として苦しんでいた坂本は「苦しいことがあったのは僕だけではないと思うし、みんなでそういうのを乗り越えてこんなに楽しくできているので最後です!」と笑顔で大会を振り返った。

試合と同じく、最後にインタビューを受けた山崎康晃は「前回大会悔しい思いをした松井裕樹投手だったり、いろいろな選手な想いを9回のマウンドで気持ちを込めて投げさせてもらいました」と充実の表情を見せた。

今回は10年ぶりの世界一、歓喜のシャンパンファイトをノーカットで特別公開!選手たちの普段は見せない姿は必見だ。