山口俊の実績は「申し分ない」 MLB挑戦の4選手、移籍後も通用するのか

©株式会社ジェイ・キャスト

巨人の山口俊投手(32)がポスティングシステムを利用してMLBに挑戦することになりそうだ。2019年11月18日、スポーツ各紙が一斉に報じた。巨人は過去、ポスティングシステムによる移籍は認めておらず、MLB移籍を果たした選手は全て海外フリーエージェント(FA)権を行使した。5年ぶりのリーグ優勝の立役者でもある山口に対して球団が「特例」という形で容認を検討するようだ。

画像はイメージ

「走攻守」三拍子揃う秋山は高評価も

今オフ、ポスティングシステムによるMLB挑戦を表明したのは、DeNA筒香嘉智外野手(27)と広島・菊池涼介内野手(29)の2人。巨人が正式に容認すれば、山口はこの2人に続く3人目の「挑戦者」となる。西武・秋山翔吾外野手(31)は海外FA権を行使してMLB移籍を目指しており、今オフはNPBから4人の選手がMLBを目指すことになりそうだ。

筒香、菊池、秋山の野手陣でみてみると、MLBの評価が高いのは秋山だ。MLB事情に精通する野球関係者は「秋山は走攻守において一定のレベルに達している。メジャーでもある程度は通用すると思います。ただ年俸に関しては西武時代のものとほとんど変わらないか、下がる可能性もあります。その分、獲得する球団にそれほどのリスクはなく、獲得に動きやすいと思います」と説明した。

一方の筒香、菊池はそれぞれ不安材料を抱えている。筒香は「守備」に、菊池は「打力」が不安視されている。筒香に関しては、ブルージェイズ、ホワイトソックス、マリナーズ、マーリンズなど具体的な球団名が挙げられ、今後、獲得に名乗りを上げる球団が出てきそうだ。菊池もまた複数の球団名が挙がっているが、筒香ほどの評価は得られていないようだ。

山口の不安材料は年齢と対応力

今オフ、MLB移籍を目指す選手で唯一の投手である山口の評価はどのようなものになるのか。今シーズンは26試合に登板して15勝4敗。防御率2.91をマークし最多勝、最高勝率、最多奪三振のタイトルを獲得した。菅野智之投手(30)と並ぶ二枚看板としてチームを5年ぶりのリーグ優勝に導き、「プレミア12」では日本代表のエースとして決勝の韓国戦に先発した。

前出の関係者は「実績は申し分ないでしょう。山口の体力があれば、中4日でのローテーションも問題ないと思います。不安材料となるのは32歳の年齢と対応力です。年齢的には今がピークにあり、伸びしろはあまり期待できないでしょう。これまでメジャーに移籍した投手の多くがメジャーの公式球と硬いマウンドに苦労しています。即戦力として期待されるわけですからメジャーのマウンドに慣れるまで、そう多くの時間はかけられないでしょう」と指摘する。

海外FA権を行使した秋山に対して西武は宣言残留を容認しており、複数年の大型契約を用意しているとみられる。広島は菊池がメジャー契約を勝ち取れなかった場合、残留を要請する可能性もあり、秋山、菊池ともに国内残留の可能性を残している。筒香については国内残留の可能性は低いとの見方が強く、山口に関しては不透明だ。今後、4選手の交渉が本格化していき、それぞれの動向に注目が集まる。