「“天才”って書いてあるトレーナーで…」北村匠海、山崎まさよしとの初対面時の私服を反省

©株式会社フジテレビジョン

11月16日(土)、映画『影踏み』の全国公開記念舞台挨拶が行われ、山崎まさよし、尾野真千子、北村匠海、篠原哲夫監督が登壇。山崎が北村との初対面での印象を語った。

今回が初共演となる山崎と北村。初めて顔を合わせた時の印象を聞かれた山崎は、「(北村が)台本をコンビニの袋に入れて、半ズボンをはいてやってきたんで(驚いた)」と、笑い交じりに告白。「形式にこだわらない、破天荒な一面を見せてくる子なのかな」と、印象を振り返った。

それを受けた北村は、「本読みの時の服装は間違えました」と反省。続けて、「雪駄で…トレーナー(の胸の部分)に“天才”って書いてある(ものを着ていた)」と付け加え、会場の笑いを誘った。

映画『影踏み』は、現在公開中。