【柔道GS大阪】不器用ながら、豪放磊落。藤原崇太郎は得意の裏投げを決められるか/男子81キロ級・みどころ

©株式会社テレビ東京

今年の世界選手権は初戦敗退した藤原崇太郎(日体大) Photo:Sachiko Hotaka

11月22日に開幕する柔道グランドスラム大阪。2020年東京オリンピック代表選考を兼ねる大一番に日本代表はどんな思いで挑むのか。男女全階級の見どころを紹介する全14回連載の3回目。

今年の世界選手権では、まさかの初戦敗退を喫した81kg級の藤原崇太郎(日体大)。さぞかし落ち込んでいると思いきや、すでに彼の目はグランドスラム大阪を見据えていた。

「僕はあまり落ち込まないようにしているというか、基本的にそうしても仕方ないと思っている。だから気持ちを切り換えるというより、自分の悪かった点を見直して、次の稽古でしっかり直していこうという考えです」

藤原崇太郎(日体大)

昨年の世界選手権は銀メダルを獲得。その流れで今大会での活躍も期待されたが、ノーマークでメダルを獲得したらすぐに研究されマークが厳しくなる。案の定、勝負の世界はそんなに甘くはなかった。

「今回の会場は日本武道館だったけど、昨年のバクー世界選手権と比べて、そんなに変わりはなかった。でも、周りの声援の大きさは違っていましたね。それが励みになったというか心強かった」

リオ五輪同級銅メダリストの永瀬貴規(旭化成)は五輪以降ケガに泣いたが、このところ復調。昨年のGS大阪では銅メダルだった。

国際大会3連勝で勢いに乗る永瀬貴規(旭化成)Photo:Itaru Chiba

いつのまにか代表の座を争う仲になってしまったが、中高時代の藤原にとって永瀬は憧れの存在だったという。

「そういう方と競えるということは、僕にとっていい経験になる。間違いなくこれからの僕の柔道人生にもいい影響を与えるでしょう。僕は東京五輪で柔道人生が終わりというわけではない。自分が成長できるという意味で、いいライバルだと思いますね」

今年の全日本選抜体重別選手権では永瀬と初対決を行い、惜敗している。永瀬の印象を聞くと、藤原は「すごく珍しいタイプ」と評した。

「81kg級なのに長身で手足が長い。日本人には少ないタイプといっていい。選抜の時もどんな感じなんだろうと思って挑んだら、組んだ瞬間懐が深くて『技が効かない』というイメージでした。自分の得意な距離をとらせてもらえなかった」

今回リベンジの機会があれば、藤原は「僕の持ち味をしっかり出して、自分の組み手にできるだけ早くしたい」と宣言した。

「やるとしても、勝負はすぐ決まらないでしょう。根気強く自分のいいところを出せたらと思います」

Photo:Itaru Chiba

国内最大の強敵が永瀬ならば、海外のそれはサイード・モラエイ(イラン)。

モラエイは昨年の世界チャンピオンで、今年の世界選手権ではイスラエル代表との対戦をめぐり、母国から圧力を受けたことでイランには戻らず難民認定を受けたことは記憶に新しい。

過去2度モラエイと対戦し、いずれも敗れている藤原は「この階級ではモラエイが一番強いと思っている」と力説した。

「とにかく力我強い。柔道力というか、切る力も馬力もすごい。この階級で、なかなかあのパワーを持っている選手はいないと思う」

―3度目の対決があれば、モラエイのパワーにどう対抗する?

「組み手や技術で対抗したい。トレーニングをすることで体力面も近づくと思い、考えながらしっかりとトレーニングしています」

過去の対戦からモラエイには「まず組めない」という記憶がある。

「切る力が強い選手なので、組み止めてしまえば怖さは減る。だけど、組めない。まずはそこを第一に考えています」

子供の頃、藤原は正義の味方より敵役の方が好きだったというエピソードは有名。その嗜好はいまも変わらない。

「いまもアンパンマンよりバイキンマンの方が好き。ただ、カッコいいとは思うけど、なりたいとは思わない」

柔道を始めた頃、柔の道のヒーローは柔道史上初のオリンピック3連覇を成し遂げた野村忠宏だった。

「僕は野村さんを観て柔道を始めた。だから(野村を含め)有名な選手の技をしっかりと観て取り入れようとするけど、器用な方ではないのでスッとはできない。そこはしっかりと練習して自分なりのオリジナルの技の入り方ができればいいかと」

―ちなみに野村さんの技で真似をしたのは?

「小さい時からテレビで観て憧れてたけど、柔道スタイルは僕も割り切っていて真似できないと思いました。でも、少しでも近づくため、野村さんがやっていた綱昇りというトレーニングを取り入れてやったりしていましたね。やれば、野村さんのようなカッコいい体になれるかと思ったけどなれなかった。でも、おかげで引く力はついたと思いますね」

前回大会を制した佐々木建志(ALSOK)Photo:Itaru Chiba

不器用ながら、豪放磊落。そんな藤原に待ったをかけるのが前出の永瀬貴規だ。

2年前の世界選手権で負った右ひざのケガから復帰し、今年の全日本選抜体重別選手権で復活優勝。国際大会も3連勝中と一時は閉ざされかけた五輪出場へ快進撃を続けている。

その他にも昨年のGS大阪を制した佐々木健志(ALSOK)、今月の講道館杯を制した友清光(国士舘大)も頂点を狙う。

文=フリーライター・布施鋼治

柔道グランドスラム大阪

11月22日(金)~24日(日) 連日ゴールデンタイムにて放送予定!

今年は東京五輪代表の座をかけた選考大会! 8月の世界柔道で優勝した大野将平、丸山城志郎、阿部詩、素根輝は、この大会でも優勝すると、五輪代表がほぼ内定! その他の選手にもこの大会の活躍次第でまだまだ代表の可能性が!

番組HP: