芥川賞作家・羽田圭介が語るコーヒーと日常。「なんだか僕の嗜好と合うんですよね」

©株式会社ジェイ・キャスト

2019年11月14日、コーヒー機器等の輸入販売を手がける「デロンギ・ジャパン」と、雑誌「BRUTUS」のスペシャル・コラボとして、人気エッセイストの松浦弥太郎さんと芥川賞作家である羽田圭介さんによるトークイベントが行われました。

「コーヒーと過ごす素晴らしき日常」をテーマに、コーヒーにまつわる思い出や、執筆活動でのコーヒーの大切さなどについて、2人のトークが盛り上がりました。

「自分の世界に入るスイッチ」

普段、コーヒーを決まったタイミングで飲むことで、執筆活動にリズムを作っているという2人。

松浦さんの場合、日常生活を送る「現実」から、執筆する「非現実」へと意識を切り替えるスイッチの役割を果たしてくれるのがコーヒーなのだそう。「書かなきゃいけない、と思いながら仕事するのは嫌だけど、書きたい、と思えるように自分の気持ちを切り替えるのもなかなか難しい。そんなとき、コーヒーは自分の世界に入らせてくれるスイッチになるんですよ」と言います。

一方、羽田さんにとっては「視覚的」にもコーヒーが刺激をくれるのだとか。「朝、ロングコーヒーを2杯淹れて飲むんですけど、そのとき、コーヒーの表面にうっすら泡が浮いてるんです。そしてその泡を飲むと、まっ黒な液面がある。その、黒いものの先が見えない感じが......なんだか僕の嗜好と合うんですよね」と、"らしさ"全開。言葉を探しながら静かに話しました。

ミルクと泡の黄金比を実現

会場では、デロンギ製品のコーヒーマシンで淹れたコーヒーを飲んだ感想も語りました。

コーヒーは「豆乳を使ったカプチーノ派」だと言う松浦さんは、「デロンギ エレッタ カプチーノ トップ」の人気機能である「ラテクレマシステム」に言及。非常に舌触りなめらかな泡が作れ、ミルクと泡の黄金比「2:3」のカプチーノを作れるこの機能について、「豆乳でもこんなに良いカプチーノが作れるなら、もはや家がカフェになりますよね」とコメントしました。

また、10月1日に発売した新製品「デロンギ ディナミカ コンパクト全自動コーヒーマシン」で淹れたコーヒーについて、羽田さんは「ちょっと冷めてもおいしくて雑味がないのが、他のコーヒーとは全然違いますね」と感動した様子。

東京バーゲンマニア記者も、同じ製品で淹れたコーヒー「スペシャルティ」を試飲したのですが、飲む前から香りの豊かさにびっくり。酸味が少ないのでスッキリ飲め、後味もとても良いのでついおかわりしたくなってしまいました。普段、ブラックではあまり飲まないのですが、「スペシャルティ」は驚くほど飲みやすかったです。

今回のイベントが行われた「BOOK LAB TOKYO」(東京都渋谷区道玄坂2-10-7 新大宗ビル1号館)では11月14日~11月29日の約2週間、通常メニューとは別に、デロンギのコーヒーマシンで淹れたコーヒーが提供されます。

これらのコーヒーを購入すると、1杯あたり50円の預かり金に加え同額をデロンギジャパンが負担し、期間終了後、日本赤十字社が運営する「令和元年台風第19号災害義援金」に寄付されます。

また、今回のコーヒーマシン2種の展示も行っているので、気になる人は足を運んでみては?

「デロンギ エレッタ カプチーノ トップ(ECAM45760B)」の価格は、24万円(税別)。「デロンギ ディナミカ コンパクト全自動コーヒーマシン(ECAM35035W)」はオープン価格。