マツダ3、 女性のクルマ選びで最高賞を受賞…ウィメンズ・ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー

©株式会社イード

マツダ3

マツダは11月18日、グローバルモデル『マツダ3』が、2019年「ウィメンズ・ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー」にて、最高賞である「Supreme Winner」および「Family Car Category賞」を受賞したと発表した。

2010年に設立されたウィメンズ・ワールド・カー・オブ・ザ・イヤーは、30か国以上の女性審査員の投票によって選ばれる自動車賞で、女性のクルマ選びの視点に基づいて選出される。

マツダ3は、日本の美意識の本質を追求した、深化した「魂動デザイン」を体現。ワンモーションのシンプルな動きでフォルムを描きつつ、繊細なボディ造形による光の移ろいやリフレクションの動きによって、これまで以上に力強く、より自然な生命感をつくり込んだという。その上で、ハッチバックではエモーショナルさを、セダンではエレガンスさを追求。マツダ3というひとつのネームプレートのもと、まったく異なる2つの個性をつくり上げている。