来年からホテル客室を完全禁煙へ

©テレビ北海道

健康志向の高まりを受け、札幌のセンチュリーロイヤルホテルは、来年1月25日からすべての客室を禁煙にします。

ホテルは客室の完全禁煙化に向けて、きょうから喫煙できる客室の予約受け付けを停止しました。ホテルによりますと、300ある客室のうち喫煙できるのは70室でした。きょうから順次、これまで喫煙できた客室のカーペットや壁紙の張り替え、家具の入れ替えなどを行います。

最近は国内の宿泊客をはじめ、訪日外国人客からも禁煙室の希望が増えているということです。ホテルの担当者は「全体として9割のお客様が禁煙ルームをご要望なさいます。客室の清掃に関する消耗品ですとか、空気清浄機のフィルターなどお部屋のケアに関することで経費の削減を見込んでおります」。ホテルでは1月25日以降、ロビーなどにある喫煙室で引き続き喫煙できるということです。