トランプ氏「金利高すぎる」

FRB議長に抗議

©一般社団法人共同通信社

パウエル米FRB議長(AP=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は18日、連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長とホワイトハウスで会談した。トランプ氏は「金利が他国より高すぎると抗議した」とツイッターで明らかにした。ドル高や製造業への影響、中国、欧州連合(EU)との貿易についても話し合った。

 トランプ氏は輸出企業の競争力確保のため大幅な利下げを再三求め、パウエル氏を強く批判してきた。FRBによると、パウエル氏は今後の金融政策の方向性については言及せず「今後のデータに基づいて決める」と説明。党派に偏らず、雇用の最大化や物価の安定などFRBの使命を果たす金融政策運営を行うと訴えた。