「カメ止め」濱津隆之が車中泊×グルメドラマ主演! “絶メシ”求めて週末1泊2日の旅へ

©株式会社東京ニュース通信社

テレビ東京ほかでは、2020年1月24日からドラマ25枠で「絶メシロード」(金曜深夜0:52)をスタートさせることが決まった。絶滅してしまいそうな絶品メシ=“絶メシ”を求めて、週末に1泊2日の旅に出る男が、怪しい外観のお店や無口な店主、個性的な常連客など、そこに行かなければ味わうことのできないさまざまな絶品メシと出合う新感覚グルメドラマだ。

主人公・須田民生は誰も傷つけず、巻き込まず、少しだけ一人になりたいとひそかに思っている真面目で心優しい普通の中年サラリーマン。週末には“絶メシ”を求めて、ミニバンで出掛けることを楽しみとしている。そんな須田を演じるのは、映画「カメラを止めるな!」で主役を演じ、第42回日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞した濱津隆之。「お店の雰囲気、店主の人柄、出てくるご飯、どの店も全てがことごとく最高でした。そして何より、つくづく店主の人柄だなぁと思いました。お店の雰囲気も、おいしいご飯も、そこに通う常連さんたちも。しがない中年サラリーマンが主人公ですが、主役は毎回出てくるそんな味わいまみれのお店たちです。趣味も欲もない自分が、うっかりやってみたくなってしまいました。週末出掛けられないそこの皆さん、いかがでしょう。見てくれた人たちの何かしらが少しでもふわっと和らいだらいいなぁと思います」と見どころを語った。

また民生の妻で、高校生の娘ともどもアイドルの追っかけのために遠征している須田佳苗役を酒井若菜が演じる。酒井は、「濱津さんの愛くるしさに癒やされ続けた撮影でした。このドラマを通し、食というものは身体だけでなく心の栄養にもなるのだとつくづく感じました。優しい主演と、優しいスタッフと、優しい脚本。優しい人たちが作る優しいドラマを、日々の生活に疲れてしまったかもしれない優しい皆さまへお届けできることがとてもうれしいです」と思いを伝えた。

そして、民生が行く先々で偶然出会う、少し謎めいたベテラン“車中泊マスター”・鏑木勉役には山本耕史。山本は「絶メシ…その言葉の意味を知った時、ただの他人事ではない気がした。新しいモノが次から次へと目まぐるしく入れ替わる世の中。そんな世の中を横目にしぶとく食らいついていくその姿。その姿は、僕ら俳優も何となく気付いていて、それでいて理想のゴールの姿であるのかもしれない。もし仮に…もし仮に絶滅したとしても誰かに惜しまれゆく存在であるということ。最後はなりたいものだ。僕らも絶メシに…」としみじみ話している。

ほかにも西村瑠香、長村航希、野間口徹などの個性的な共演者が決まっている。