令和元年度 予算の執行状況

©株式会社VOTE FOR

令和元年9月30日現在

◆一般会計の収入と支出
令和元年度上期(4月~9月)の一般会計予算は265億5,644万9千円となり、前年同期と比較すると14億949万円の増(5.6%)となりました。
その主な内容(前年同期との比較)は、歳入では、市税が3.5%の増、地方特例交付金が122.7%の増、国庫支出金が16.5%の増、繰越金が32.1%の減、市債が24.4%の増となっています。なお、市税や使用料などの自主財源は1.4%の増となり、歳入に占める自主財源の割合は60.9%となりました。
歳出では、民生費が7.7%の増、商工費が69.2%の増、教育費が18.1%の増となりました。

◆特別会計・事業会計の収入と支出

◆市民負担

◆市有財産
市が所有する財産のことで、庁舎や学校、公園などの建物や土地、基金や出資金などのこと。

建物:21万4,458平方メートル
土地:212万6,595平方メートル
山林:107万9,383平方メートル
基金:113億1,197万9千円
出資金:26億2,043万円
貸付金:4億2,300万円

◆一時借入金
現金の不足により事業費の支払いが滞るのを防ぐために、一時的に金融機関などから借り入れるお金で、一会計年度を越えないもの。

◆市債
道路整備や学校の大規模改造などの事業を行う際に、あらかじめ計画を立てて借り入れるお金で、5~30年をかけて返済していくもの。

※特別会計を含んだ金額です。

◆令和元年度の主な事業
・新庁舎整備事業:1億1,058万2千円
・第7次総合計画策定事業:1,000万円
・地方創生移住支援事業:387万6千円
・避難行動要支援者支援事業:373万6千円
・社会福祉会館改修事業:1億4,000万円
・障害者自立支援給付費:12億円
・幼児教育・保育の無償化準備経費:3,028万8千円
・施設型等給付費:19億1,000万円
・白鳩園改修事業:3,670万円
・衛生処理場敷地土壌調査経費:2億5,993万円
・プレミアム付商品券事業:4億3,694万6千円
・田代大官町・萱方線等道路改良事業:2億1,148万4千円
・飯田・酒井東線等道路改良事業:5,884万円
・飯田・水屋線等道路改修事業:2,580万円
・公園施設長寿命化事業:1億4,250万円
・防災ラジオ整備事業:806万5千円
・鳥栖西中学校大規模改造事業:3億2,193万5千円
・国民スポーツ大会・全国障害者スポーツ大会施設改修事業:2億1,049万円
・スタジアム塗装改修事業:2億6,900万円