鮮やかな赤 クリスマス演出 ポインセチア 恵庭で出荷盛ん

©株式会社北海道新聞社

ハウス内で出荷を待つ赤く染まったポインセチア=17日、中央園芸

 【恵庭】市中央の花卉(かき)農園中央園芸で、クリスマスを彩る観葉植物ポインセチアの出荷が本番を迎えている。

 ポインセチアはメキシコ原産で花のように見える苞(ほう)と呼ばれる葉が赤く染まるのが特徴。赤と緑の色合いがクリスマスを連想させ、人気を集めている。近年は品種改良により白やピンクもある。

 中央園芸ではビニールハウス4棟で約5千鉢を6月下旬から栽培。10月下旬から道内各地のホームセンターに出荷している。今年は、飾りやすいように従来より一回りほど小さいポインセチアを増やした。