異常なまでに力を入れる再現ドラマが面白い。芸人たちが大真面目に演技する姿は好感が持てる〈THE突破ファイル〉(日本テレビ系)

©株式会社ジェイ・キャスト

実際に起きた事件や事故で、絶体絶命の危機を、知恵と工夫で切り抜けた人たちのエピソードを再現ドラマ化。彼らがそのピンチをどうやって切り抜けてきたか、クイズ形式で答えるものだ。MCは、年末のNHK「紅白歌合戦」総合司会に決まった内村光良ほか、レギュラー回答者には好感度№1芸人サンドウィッチマンもいる。
ジャンルとしては、クイズ番組になるのだが、この番組は再現ドラマに異常なまでに力を入れているのが最大の特徴。しかもその出演者も、従来の再現ドラマ俳優ではなく、異色俳優や芸人といった意外性のある人たちが演じているのが面白い。
たとえば、木村拓哉主演「グランメゾン東京」で変な関西弁を操ると話題の手塚とおるや、日テレの天気予報担当・木原実、みやぞん、EXITなども。この日は、濱田龍臣や大友花恋といった元子役たちに加えて、和牛の川西賢志郎、あばれる君、四千頭身後藤拓実、アキラ100%、アルコ&ピース平子祐希、サバンナ八木真澄とお笑い系が大活躍だった。
ほかの番組では、芸人たちが大真面目に演技する姿はそうは見られるものじゃないので、この番組の目玉といえばそうなのだが、難を言うなら、この再現ドラマが長すぎて困る。1回の放送でたった3問って、クイズとしてはいかがなものか。もっとも「ぴったんこカンカン」(TBS系)のように1問しかやらないところもあるが......。たとえ好評でもやりすぎは禁物。飽きられない今のうちに対策を!
(2019年11月14日19時~)

(白蘭)