NHK杯胆振中学新人バド大会、伊達と登別緑陽が1位独占

©株式会社室蘭民報社

 第39回NHK杯争奪胆振中学新人バドミントン大会が16日、登別市総合体育館で行われた。個人戦、団体戦ともに男子は伊達、女子は登別緑陽が1位を独占した。

 シングルス、ダブルスは男女各32人、32ペア、団体戦は各8校が出場した。男子のシングルス決勝は田部時生と三箇優弥の伊達対決となり、田部が2―1で接戦を制した。女子の団体決勝は登別緑陽と苫小牧光洋が対戦し、登別緑陽が2―1で勝利した。(吉本大樹)

 結果は次の通り。

 【男子】
 ◇個人
 ▽単 (1)田部時生(伊達)(2)三箇優弥(同)(3)上田瑠依(苫小牧青翔)奈良宝(大滝徳舜瞥)
 ▽複 (1)土田翔太・佐々木直都(伊達)(2)伊達﨑駿・七條蓮生(翔陽)(3)更科璃音・今井瀬那(苫小牧明倫)上田拓杜・佐々木遥斗(翔陽)
 ▽団体  (1)伊達(2)翔陽(3)登別緑陽、苫小牧明倫

 【女子】
 ◇個人
 ▽単 (1)中川千咲音(登別緑陽)(2)福田茜(苫小牧青翔)(3)小野優那(苫小牧光洋)川口優奈(同)
 ▽複 (1)中村梨乃・渡辺優香(登別緑陽)(2)坂東希紗・若井優依(伊達)(3)清野遥音・安部さくら(苫小牧光洋)西川暖華・金子歩未(苫小牧緑陵)
 ▽団体  (1)登別緑陽(2)苫小牧光洋(3)伊達、桜蘭

【写真=ラリーを繰り広げる女子ダブルスのペア】