トヨタ社員がパワハラで自殺、労災認定

©一般社団法人共同通信社

 トヨタ自動車の男性社員が2017年に自殺したのは、上司のパワハラを受け適応障害を発症したのが原因として、豊田労働基準監督署が労災認定していたことが19日、遺族側の代理人弁護士への取材で分かった。