経産省が学校向けに配布した模擬品の可能性

©一般社団法人共同通信社

 沖縄県宮古島市で見つかった核燃料棒のような物体について、経済産業省は19日、約15年前に全国の小中高校などに配布した「燃料見本キット」の一部の可能性があるとの見方を明らかにした。放射性物質を含まない模擬品だという。