嵐の札幌コンサート会場周辺に散乱…無残に折られた「二宮和也のうちわ」

©株式会社サイゾー

 ファンの中には、いまだに心の整理がついていない人たちも多いようだ。

 ジャニーズの人気グループ・嵐の二宮和也が「一般女性」と結婚したことを受け、11月14~16日に札幌ドームで行われた嵐の20周年記念ドームツアー『ARASHI Anniversary Tour 5×20』は不穏な空気に包まれていたという。

「14日の公演では、松本潤が二宮に対して避ける雰囲気を醸し出しており、会場に行ったファンの間では“確執”も噂されています。また、『Everything』という曲ではいつもの和気あいあいとした雰囲気はなく、松本が二宮と目を合わせようとしなかったことが話題を呼びました」(スポーツ紙記者)

 一方、コンサート中にファンの激しい抗議も懸念されたが、大きな混乱はなかったことで“祝福モード”に入ったかのように思われた。ところが――。

「一部のファンは怒りや悲しみ、ストレスを抱え、それを人知れず爆発させていたようです。ライブ会場の周辺では二宮のうちわがたくさん捨てられていたようで、SNS上に投稿された画像を見るとバキボキに折られたり、顔を真っ二つにされたり、中には目玉の部分を画鋲で押しピンしていたものまであったようです。ファンはあと1年、二宮との思い出を作ることを楽しみにしていたはずですから、単純にタイミングが最悪だったことは否めない。また、結婚相手の元フリーアナウンサーを『一般女性』として名前と顔を伏せるようメディアに圧力をかけ、ネット掲示板の運営にまで過去の匂わせ行為も“なかった”と書き込みを封じられたことで、ファンは感情の抑えが利かなくなっているのかもしれません」(前出の記者)

 11月17日放送の『サンデージャポン』(TBS系)では、番組初出演した“新炎上クィーン”こと日下部美愛が二宮ファンについて、「どれだけ叩いても負け犬の遠吠えでしかないし、推しの結婚を喜べないファンはちょっとどうなのかなと思っちゃいますね」と苦言を呈したが、今後、他会場でも二宮の「うちわ破壊」など、ファンの荒れた行動が目に付きそうだ。