知って納得! 国民健康保険

©株式会社VOTE FOR

■国民健康保険の資格喪失後の受診による医療費について
社会保険などへの加入や市外へ転出された方が、志布志市の国保の資格がないにも関わらず、国保の保険証を使用して医療機関を受診した場合は、かかった医療費が志布志市の国保から医療機関などへいったん支払われることとなります。
このため、医療費の一定割合を国保へ返還する手続が出てきますので、保険証の使用にはお気を付けください。

Q.医療費の返還は具体的にはどんなときに発生するの?
A.
・就職して社会保険となったが、保険証の交付が遅れたため国保の保険証を使用してしまった。
・市外へ転出したが、転出先の市町村から国保の保険証の交付を受ける前に志布志市の国保の保険証を使用してしまった。
・社会保険にさかのぼって加入したことにより国保の資格をさかのぼって喪失した。などの場合に発生します。

Q.国保へ返還する医療費はどれくらいになるの?
A.医療機関などで受診する場合は、窓口で保険証を提示することで窓口負担が3割(一部2割)となるため、残りの7割(一部8割)は、国保から医療費の給付分として医療機関などに支払われることとなります。そのため、窓口負担額を除いた医療費の7割(一部8割)分を国保に返還していただくことになります。

Q.医療費の返還方法は?
A.返還となった方には、国保から「国民健康保険療養給付費の返還について」という通知が送付されます。通知書には納入通知書が同封されておりますので、指定期日までに指定の金融機関で納付していただくことになります。ただし、納付した医療費の返還金は、新たに加入した社会保険等に請求することができます。

国民健康保険届出は、資格の取得・喪失の日から14日以内にする必要があります。届出が遅れた場合、大きな負担が発生することがありますので、必ず期日内に届出されますようお願いします。

・国民健康保険医療費状況(令和元年8月分)