悪質な税金滞納者への財産差押え

©株式会社VOTE FOR

税金は、町の公共サービスを支える貴重な自主財源です。
納期限内に納めた人との税負担の公平性を保つために、悪質な滞納者には滞納処分として財産差押え・自宅などの捜索を行っています。

■財産差押え・自宅などの捜索とは
▽財産差押え
預貯金、給与、年金、売掛金、生命保険、自動車、所有動産、不動産など
※勤務先、取引先、金融機関などを調査します

▽自宅などの捜索
財産を発見できない場合または財産を隠ぺいしている場合などは、予告なく複数人で自宅や関係者の居宅、会社に立ち入り、捜索し、価値があるものは差し押さえます。

■差押えおよび捜索対象者
・督促状を発送した日から10日を経過した日までに納付がない人
・納付、相談に応じない人
※納期限を過ぎた場合、督促手数料および納期限の翌日から納付される日までの日数に応じて延滞金が加算されます

■納期限から滞納処分まで
納期限に未納→(滞納発生)→督促状を発送→(10日経過した日)→滞納処分

▽納付方法
・現金
・クレジットカード
・口座振替

▽納付場所
・コンビニエンスストア(30万円以下の納付書のみ)
・Yahoo!公金支払い(クレジットカード納付)
・指定の金融機関(みなと銀行、兵庫信用金庫、兵庫西農業協同組合、三井住友銀行、播州信用金庫、近畿圏内の郵便局)
※近畿圏外に住んでいる人が、郵便局で支払う場合は、同封している「払込取扱票」に必要事項を記入して納付してください
・役場会計課

■納付が困難な人は、一人で悩まず、放置せず、早めの相談を
災害や盗難、本人や家族の病気などやむを得ない事情、多重債務など特別な事情で納付が困難な場合は、そのまま放置せず税務課に相談してください。