なかよしデー/おとぎの館図書室子どもイベント案内 他

©株式会社VOTE FOR

◆保護者と一緒に、保育所、幼稚園を体験できるよ!遊びに来てね!
(11/18~12/14開催分)

★印の日は、保育コンシェルジュ、子育て支援コーディネーターが訪問します。子育て・保育サービスなど何でもお気軽にご相談ください。

◆わんぱくひろば
身体をいっぱい動かして一緒に遊びましょう!
対象:2歳以上の入所入園前の子ども
日時:
・11月21日、28日
・12月5日、12日(木)
いずれも10:30~11:30
場所:文化スポーツセンター
※運動のできる服装で、水筒、タオル、着替えなどをお持ちください。

問い合わせ:NPO法人 おやべスポーツクラブ
【電話】0766-68-0588

◆親と子の健康づくり
場所:総合保健福祉センター
持ち物:母子健康手帳など
※体調不良等の場合は、翌月にお越しください。

◆母乳育児のつどい
富山県母乳育児推進連絡協議会設立30周年記念
入場無料! 定員120人
日時:12月15日(日)13:00~15:30(12:30開場)
場所:富山県民会館304号室(富山市新総曲輪4-18)
内容:
・特別講演、子育てトーク
サン・クリニック院長・産婦人科医 山縣(やまがた)威日(たけひ)先生
・トークショー(母心(ははごころ))
申込方法:紙面のQRコードを読み取り、県のホームページから手順に沿ってお申し込みください。

問合せ:富山県母乳育児推進連絡協議会事務局(富山県厚生部健康課)
【電話】076-444-3226
【FAX】076-444-3496

◆こどもべや
ささやかな ことに、たくさんの思いを注いでいる子どもたちの 日常から…
◇松沢保育所
・誰の歯だろう...?(5歳児)
戸外で遊んでいると、「先生!誰かの歯落ちとった!」と慌てて知らせに来たA君とB君。見ると手には、白い半透明の薄い四角い石がありました。色や大きさが、乳歯にそっくり。「ほんとや、誰の歯やろう?AちゃんBちゃん、〝歯〞ちゃんとある?」と保育者が尋ねると、「あるよ!まだ抜けてないもん!」と、言いながらも、今落ちた歯なのではないかドキドキしながら、「あるやろ?」と保育者に「イー」して見せるA君。「Bの歯ないけど、前に家で抜けたやつやから、家にあると思う」とうなずいているB君。ちょうど生え変わりの時期で、前歯が抜けそうになっている友達もいるので、誰かが落としてしまったのではないかと心配になった子どもたちなのでした。

・友達作ってあげる!(4歳児)
C君が空き箱などで作ったワニやカメから、まつ組池作りが始まりました。保育者が「たくさん(生き物)おるね!」と言うと、D君が「だって一人じゃかわいそうやから友達作ってあげとるん!」と、一生懸命カメを何匹も作り池に入れていました。優しいD君の気持ちに、心が温かくなりました。

・カタツムリすごい!!(3歳児)
虫かごの天井を歩くカタツムリを「かわいそう〜」と言いながら見ている子どもたち。落ちたら大変!と思っているようです。保育者が「カタツムリさんくっついとるから大丈夫だよ」と言うと、「え?磁石でくっついとるん?」とE君。磁石で遊んだ時の不思議な感覚を思い出したのでしょう。可愛い発想に、思わず笑ってしまいました。

・もんしろちょう(2歳児)
公民館横のコスモス畑までお散歩。コスモス畑で、虫探しをするF君。〝も•ん•し•ろ•ちょう〞がお花にとまっているのを見つけると、得意気に「先生!〝し•ろ•も•ん•ちょう〞おるよ!」と知らせてくれました。以前、保育者と一緒に図鑑を見ていたことを覚えていたのでしょうね。

・小さなお母さん(1歳児)
ままごとコーナーでエプロンを身に着け、(人形の)赤ちゃんを抱っこしているGちゃん。椅子に寝かせると、座布団や風呂敷をかけ、トントンと寝かしつけを始めました。保育者が近くに寄ると、人さし指を口にあて「し〜っ」。赤ちゃんが起きないように優しくトントンしてお母さんになりきっているGちゃんでした。

・ぶらんこ(0歳児)
ブランコに興味をもつ子が増えてきました。「順番に乗ろうね」保育者が優しく声をかけながら、後から来た子どもたちを傍のベンチに座らせます。友達がブランコに乗る様子をじっと見たり、中には、保育者が「1、2、3...」と数える声に合わせて、体を揺すったりしながら自分の番が来るのを待っています。小さいながらにも、乗りたい気持ちを我慢して待つ子どもたちの姿に成長を感じながら愛おしく思いました