秋空にテークオフ 多良木町でパラグライダー大会

©株式会社熊本日日新聞社

展望公園の斜面から飛び立ったパラグライダー=多良木町

 パラグライダーの大会「TARAGIえびすスカイフェスタ」が10日、多良木町の妙見野自然の森展望公園一帯であり、県内外の約20人が大空に向かって次々と飛び立った。

 地元の愛好家グループ「ウイング・ラブ」と町でつくる実行委員会が毎年開いている。標高約480メートルの同公園の斜面から飛び出し、約1キロ離れた田んぼにある円内に着陸する精度など2部門で競った。(園田琢磨)

 上位成績は次の通り(敬称略)。▽ターゲットの部(1)角町正彦(福岡県)(2)矢次真実(大津町)(3)清水直(熊本市)▽バクダン落としの部(1)麦塚良一(湯前町)(2)松下一郎(鹿児島県)(3)矢次真実(大津町)

熊本日日新聞 2019年11月13日掲載