2018年度 人事行政の運営等の状況を公表します 1

©株式会社VOTE FOR

町田市の職員数、給与、勤務条件等の状況についてお知らせします。詳細は町田市ホームページでご覧いただけます。

■1.職員数等

○(1)職員数(各年度4月1日現在)

(注)職員数には、地方自治法により東京都から町田市に派遣されている職員及び市費負担の指導主事等を含み、南多摩斎場組合などの一部事務組合への派遣者等は除いています。

○(2)職員構成(2019年4月1日現在)
職員数:3042人(2019年4月1日現在)

注:
(1)一般行政職…以下の(2)から(8)以外の職員(事務、技術等)
(2)税務職…財務部の市税担当職員及びいきいき生活部保険年金課の保険税担当職員
(3)福祉職…保育園等の保育士及び児童厚生員
(4)医療職…市民病院以外に勤務する医師、保健師、薬剤師等
(5)企業職…地方公営企業法を全部適用する公営企業の職員(町田市では、市民病院に勤務する職員)
(6)技能労務職…自動車運転手、用務員、作業員、給食調理員等
(7)特定任期付職員…高度の専門的知識・経験を有する任期付職員(町田市では法制課担当課長〔法務担当〕)
(8)教育公務員…教育委員会に勤務する指導主事
※割合については、区分ごとに小数第3位を四捨五入しているため合計が100%にならない場合があります。

■2.職員の給与
東京都及び国の給与等については東京都から通知のあった数値を使っています。

○(1)人件費(2018年度普通会計決算)

注:
(1)人件費とは、一般職員に支給される給与と市長や議員など特別職の給料・報酬・手当等の経費の合計です。
(2)普通会計とは、一般会計と特別会計を基に全国統一基準で再構成した会計です。

○(2)平均給料月額(2019年4月1日現在)

○(3)経験年数別・学歴別平均給料月額(2019年4月1日現在)

注:
・経験年数…学校卒業後ただちに市職員に採用された者は、その在職年数をいい、その他の職員については、それぞれ職歴等の年数を一定の基準により在職年数として換算し、市職員に採用後の在職年数を加算したものです。

○(4)期末・勤勉手当

注:
(1)一般職員の例です。
(2)( )内は、再任用職員に係る支給割合です。

○(5)退職手当(2019年4月1日現在)

○(6)主な職種別の職員の平均年収比較表

(平均年齢は十進法)
※平均年収は、その年度の支給額をもとに算出しています。育児休業等により支給がない職員は、算出から除いています。
※平均年収は、給料、諸手当(扶養手当、管理職手当、地域手当、住居手当、時間外勤務手当等)及び期末・勤勉手当を合計したものです。退職手当は含みません。
※平均年齢は、その年度の4月1日現在の在職職員の平均年齢です。

○(参考)給与の種類とその内容