袋井・森地区児童が音楽発表

©株式会社VOTE FOR

森町と袋井市(北地区)の11小学校の児童が日頃の課外活動の成果を披露する「袋井・森地区小学校音楽科研究発表会」が10月2日、森町文化会館大ホールで開催されました。発表会は午前・午後の2部に分かれ、各校から4年生を中心に合唱や合唱奏、器楽合奏などが披露されました。長年続いてきた同研究発表会は、新学習指導要領の改訂に伴い、今回で最後となりました。会場には、大勢の保護者が訪れ、児童たちのステージに大きな拍手が送られました。

◆天方小
NHKの2020応援ソング「パプリカ」を天方小全校児童が合唱と器楽合奏、そしてダンスで披露しました。

◆森小
「Anything やってみよう」を合い言葉に米津玄師の代表曲「Lemon」や「ドラえもん」をパワフルに器楽合奏しました。

◆三倉小
三倉地区大久保に伝わるお話「とい淵のくも」を全校児童18人が歌と劇で世界観を創り上げました。

◆飯田小
金管バンドによる「OVER THE RAINBOW」と「カントリー・ロード」の2曲の演奏を披露しました。

◆宮園小
「Puff」を英語で合唱に挑戦し、リコーダーでも披露しました。メッセージソングの「ぼくらの地球」の合唱も披露しました。

※画像は紙面又はHPでご覧ください。