【部員が見る東大軟式野球2019秋⑪】新人戦準決勝、反撃かなわず法政大に敗退 3位決定戦へ

©公益財団法人東京大学新聞社

軟式野球部阿久澤杯準決勝vs法政大学(11月15日)

法大 0 0 2 1 0 0 0 0 0 | 3

東大 0 0 0 0 0 0 0 0 1 | 1

リーグ戦を最下位で終え、再起を期す東大は2年生以下で臨む秋季阿久澤杯を迎える。シードとなった東大は、初戦から準決勝となり、明治大学を下した法政大学との試合となる。東大は1年生の横山(理Ⅰ・1年)をマウンドに送り出す。

先発した横山は、初回、二回と三者凡退で完璧な立ち上がりを見せる。しかし、三回に先頭に安打を許し、二死三塁のピンチを迎えると、ここで相手打者の放った打球は強い回転のかかる難しい打球に。これを処理しきることができず先制点を許すと、さらに続く打者に適時二塁打を浴び、2点を先行されると、さらに四回、二死から相手六番打者に痛恨のソロ本塁打を浴びる。対する東大は、四球や安打で二回に二死から満塁、三回に一死満塁のチャンスをそれぞれ迎えるが後続が断たれ得点を挙げることができない。

先発の横山はその後は安定した投球で六回までを抑えると、七回、東大のマウンドには木村(理Ⅱ・1年)が上がる。七回、八回と三者凡退に抑えるが九回に失策と四球から一死二三塁のピンチを迎えると、ここを内野ゴロと三振で抑え、切り抜けた。流れに乗って逆転したい東大は最終回、先頭の石山(文Ⅲ・2年)が内野安打で出塁、さらにボークで進塁すると菊池(文Ⅰ・2年)がライトに適時打を放ち、1点を返す。しかし後続が続くことはできず、反撃は終了。3対1で東大が敗戦した。

好投をみせた木村(理Ⅱ・2年)(写真は軟式野球部提供)

次戦は今季最終戦となる。必ず勝って3位となり、いい形で来季を迎えたい。

(寄稿)文責:軟式野球部 水田悠生(文Ⅰ・2年)