ランドローバー 新型ディフェンダーの日本市場向けモデル第2弾の予約を開始|第1弾はわずか4日で150台完売

©オートックワン株式会社

ランドローバー 新型ディフェンダー スタートアップエディション 90 2019年11月先行予約モデル第2弾

大好評な日本市場向けモデルの第2弾

ディフェンダー スタートアップエディションは、新型ディフェンダーの日本市場向け先行予約モデルの第2弾である。

これは、先行予約モデル第1弾のディフェンダー ローンチエディションが、予約開始後わずか4日で予定台数150台に達したため、新たに用意したものだ。

スタートアップエディションは、2019年11月18日~2020年3月31日までの期間限定先行予約モデルで、ディフェンダーに求められるカラーバリエーションや仕様、必要十分な装備・機能を採用しながら、価格は491万2000円からと抑えたモデルになっている。

ディフェンダー スタートアップエディションの主な特長

ランドローバー史上最も頑丈なボディ構造

ボディタイプは、3ドアの「90(コイル・サスペンション)」と、5ドアの「110(エア・サスペンション)」の2種類が用意された。

どちらもボディには、ランドローバーが新たに極限環境向けに開発した「D7x」アーキテクチャーを採用。軽量アルミニウムのモノコック構造で、ランドローバー史上最も頑丈なボディ構造となっており、従来のラダーフレーム構造と比較して約3倍のねじり剛性を確保した。

一目でディフェンダーとわかるエクステリア

ランドローバー 新型ディフェンダー スタートアップエディション 110 2019年11月先行予約モデル第2弾

エクステリアには、短いオーバーハング(フロント/リア)や専用の直立フォルムをはじめ、ルーフ後方に取り付けた「アルパインライト」ウィンドウ、横開きのリアテールゲート、外付けスペアタイヤなど、オリジナルの特徴を新たな形で取り入れ、ひと目でディフェンダーとわかる個性あふれるシルエットとなっている。

また、ディフェンダーのシルエットを更に引き立てるルーフレールは、オプションで設定が可能だ。

レザーシート搭載モデルのエクステリアカラーには、ボディを引っ掻き傷や石はね、さらには紫外線からも守る、サテンプロテクティブフィルム仕様のパンゲアグリーンを用意した。

インテリアでは、シート素材をファブリックと高級感あふれる上質なグレインレザーから選択できる。

頑丈なボディを支えるエンジン

エンジンは、2.0リッター直列4気筒INGENIUMガソリン・エンジン(最高出力221kW/最高出力300PS・最大トルク400Nm)を搭載。

他にも、パーマネントAWD (全輪駆動)、ツインスピード・オートマチック・ギアボックス、センターディファレンシャルなど、あらゆる環境で優れたパフォーマンスを発揮するために必要な機能を装備している。

その他 最新システムを搭載

「ClearSightグラウンドビュー」は、通常ボンネットで隠れていて見えない前輪のすぐ前方エリアの映像を車内中央のタッチスクリーンに表示し、フロント下180度の視覚を確保する。

ローンチエディションと同様に、最新インフォテインメントシステム「Pivi Pro」を採用し、より直観的なインターフェースに加え、ソフトウェアアップデート(Software-Over-The-Air(SOTA))で場所・時間に囚われることなくソフトウェアを最新の状態に保つことができる。

また、エマージェンシーブレーキやレーンキープアシストなどのドライバー支援システムも装備している。

主なカラーリングと価格

■予約受付期間:2019年11月18日~2020年3月31日