HOT DOG CAT「どんなことにも近道はないと思っています」次のワンマンは渋谷WWW!

©有限会社ルーフトップ

7月に渋谷REXを舞台にした1stワンマンライブをソールドアウト。4ヶ月後となる11月18日(月)にTSUTAYA O-NESTを舞台に行った2ndワンマンライブも、フロアの後ろまでお客さんが押し寄せる環境をHOT DOG CATは作りあげた。

HOT DOG CATは、この日より、BABY TO KISSより昇格した楪カヲルを新メンバーに加え、新体制としてスタート。いきなりワンマン公演から新たな編成でスタートを切ったのも、それだけ今の5人が最強であることの証。事実、フロア中から終始絶叫飛び交う熱したライブが、この日の空間を支配。メンバーたちも愛らしさを振りまきながら、観客たちへ醒めない熱を注ぎ続けていた。、

この日のライブを通し、HOT DOG CATより新しい情報が届けられた。それが2020年3月3日の雛祭りの日に、渋谷WWWを舞台に3rdワンマンライブ「HOT DOG CAT 3rdワンマンライブ〜わんにゃんオリンピック2020〜」を行うこと。しかも、HOT DOG CATとしては初となる、生バンドを従えての公演になる。

さらにもう一つ、これまでは配信シングルという形でのみのリリースだったが、ついに初CD作品の発売も決定した。詳細は追々発表になるように、新たな情報が届くのを心待ちにしていて欲しい。

新しい発表とHOT DOG CATの未来について、リーダー白河陽奈は、ライブ中にこう述べていた。

「私たちは4ヶ月前の7月に初めてワンマンライブをすることが出来ました。しかもその日に、今日の2ndワンマンライブが発表され、今日を迎えることが出来ました。そして今日、さらに次のワンマンライブを3月3日に渋谷WWWで行うことが決まれば、念願だったCDリリースも決まったように、本当に嬉しい気持ちでいっぱいです。でも、正直自分たちと同じ時期にデビューしたグループや、自分たちの後にデビューしたグループが、私たちより大きな箱でワンマンをしていたり、大きなイベントに出てるのを見て悔しいなと思ったことも、羨ましいなと思ったことも何度もあります。でも、どんなことにも近道はないとわたしは思っています。HOT DOG CATは、まだまだ一歩一歩は小さいですけど。そのぶん、ファンのみんなの近くにいながら一緒に上を目指せるなと思っています。今日、私たちから見えた景色は本当に最高に綺麗な景色でした。この景色をもっともっと更新できるように、みんなに負けないくらい熱いステージができるように、これからも頑張っていきたいです。もちろん、ゆっくり進んでいきたいわけではないので、ちゃんと勢いをつけて前に進めるように、今までの一つ一つの積み重ねを忘れずに、これからの一つ一つを大切にしながら、一緒に前へ進んでいきたいです」

着実に、確実にステップアップしてるとはいえ、掲げた夢へ辿り着くにはまだまだ道のりは遠い。とはいえ、揺るぎない土台を一つ一つ積み重ねていけば確かな未来が広がるはず。これからのHOT DOG CATの動きを、あなたもぜひ追いかけて欲しい。

「ワンダフルライフ」
「曖昧me」
「イツモノヨウニ」
「青春18キック」
「オリンピック・ハイテンション」
「イロイロナイロ」
「凸凹フレンズ」
「オフィーリア~君に会いたくて~」
「純情アイスティー」
「キラキラ☆ポジティブ」
-ENCORE-
「オリンピック・ハイテンション」
「キラキラ☆ポジティブ」
「ワンダフルライフ」

PHOTO:本間裕介 TEXT:長澤智典