神仙キャビア販売開始 高千穂・椎葉の新名物へ

©株式会社宮崎日日新聞社

「神仙キャビア」を試食した発表会の参加者

 世界農業遺産に認定された高千穂郷・椎葉山地域で生まれたごちそうを味わって―。高千穂町の旅館「神仙」(佐藤功宏社長)と椎葉村の「森のめぐみ」(甲斐ヒサエ社長)は、共同開発した商品「神仙キャビア」の販売を始めた。形が良いものを厳選し、同旅館の和食に合うよう塩分濃度を下げるなどの工夫をしているのが特徴。