Jeff MillsがContactに出演決定! Ken Ishiiと共演!

©有限会社ルーフトップ

今年初めにシリーズ作品「Director’s Cut」を始動したデトロイトテクノ/ミニマルサウンドの至宝Jeff MillsがContactに出演決定。

同シリーズの発表を祝して、 1992年以降のエレクトロニックミュージックに多大な影響を与えてきた自身のレーベル〈Axis〉の偉大なる功績を自ら振り返る。 デトロイトテクノの紛れもないパイオニアであり、 その音楽スタイルの新領域を一貫して切り開き続けてきたJeff Mills。 90年代、 そしてそれ以降に〈Axis〉から発表された作品は、 世界中のDJ/プロデューサーが今もなお参考として試金石にするタイムレスな価値観を築き上げた。 近年はCDJを主軸に据えているJeff Millsだが、 今回の出演では、 かつて自らの腕を磨いてきた音楽媒体であるヴァイナルに回帰し、 ターンテーブルを駆使した貴重なセットを披露する。 The Wizardとして名を馳せた若かりし時代に培った超絶的なDJスキルが、 ふたたび3台のターンテーブル上でマジックを巻き起こすのか、 クラシックと呼ぶにふさわしい名作を振り返るのもさることながら、 数えきれない伝説を残してきたJeff Millsの人間離れした技術にも要注目だ。

そして共演にはKen Ishiiが決定。Jeff Millsとのコラボレーショントラックを収めた新アルバムの発表を控える日本のテクノレジェンドが、 リリースムードで沸く一夜にさらなる熱狂を扇動する。