入試そっくり模試で高校受験をサポート 広島県学習塾協同組合理事長の大塚祥史さん【ひろしまプラス1】

©株式会社中国新聞社

 進路支援や高校の模擬試験などを行う広島県学習塾協同組合(事務局・広島市安佐南区)の理事長・大塚祥史さん(61)=写真左端=は、2012年の協同組合設立当初から理事長を務めている。現在、広島県内の32の個人経営の塾が加盟する協同組合は、設立以来、「公立高校入試そっくり模試」の実施や、学校説明会「進学情報フェスタ」を開いている。「一つの塾ではできないイベントも組合では可能になる。情報を共有し、進路指導に生かすことができる」と意気込む。

 大塚さんが経営する学習塾「修ゼミ」(広島市安芸区)は、ロボットプログラミング教室やそろばん教室など多角的に業務を広げている。「この業界は、従来通りの勉強を教えるだけでは残ってはいけない。世の中の変化に合わせて塾も変わっていかなければならない」と語る。組合の課題や大塚さんのプライベートなども紹介する。

 大塚さんの放送は11月16日~11月22日。放送時間は下記の通りです(時間変更や放送休止の場合があります)。
 ちゅピCOMふれあい、ちゅピCOMひろしま=午前10時~、午後7時~、午後11時30分~ちゅピCOMおのみち=午前10時~、午後4時~、午後11時30分~