超簡単!酸っぱいキウイを甘くする意外な方法とは?

©(株)東京放送ホールディングス

ビタミンC含有量がレモンの3個分以上あり、美肌効果や便秘解消が期待できるキウイ。さわやかな酸っぱさが特徴的ですが、まだ熟していないキウイは酸っぱすぎて食べにくいこともありますよね。
本記事では、驚くほど簡単な方法で酸っぱいキウイを甘くする方法をお教えします。

簡単に甘くするには?

キウイの生産量全国1位の愛媛県大洲市。そこでキウイを栽培している農家さんによると、キウイをテーブルなどに数回コツンコツンとぶつけると早く甘くなります。

卵を割るような感覚でキウイを1個ずつ握り、皮が破れない程度の強さでぶつけてください。

これだけで甘くなる理由は、その性質にあります。
キウイは木になっているときは熟しておらず、地面に落ちたときのショックでエチレンガスを出すようになり熟し始めます。

そのため、テーブルにぶつけるなどの衝撃を与えることでキウイからエチレンガスが発生し、熟成が進んで甘くなるという仕組みです。

美味しいキウイの見分け方

そもそも、買う時点で美味しいキウイが見分けられるともっといいですよね。
実は、カタチにヒントがあります。平べったいほうが甘くて美味しいです。

甘さの秘密は、中身の白い軸の部分。キウイは栄養が多くなるとその実も大きくなり、軸も大きく平べったくなります。

また、枝の根元に近いキウイのほうが栄養が多く、平べったいものも実っています。今度、手に取るときの参考にしてみてください。

ちょっと気になる“差”を徹底調査この差って何ですか?(TBS系列火曜よる7時~)