《コラム》消費生活センター~錠剤やカプセル状の健康食品 は医薬品とは異なります

©株式会社VOTE FOR

さまざまな健康食品が販売されており、錠剤やカプセル等の形状から医薬品を連想させるものもあります。しかし、健康食品はあくまでも食品の一種です。医薬品的な病気を治す効果を期待して利用しないようにしましょう。また、特定の成分が濃縮されているものが多く、通常の食事で摂取するより過剰に摂取してしまう可能性があります。場合によっては健康被害につながる恐れがあるため注意が必要です。
健康の保持・増進には運動、休養、食生活のバランスが重要です。そのうえで健全な食生活を補助するのが健康食品の役割だと考えましょう。

■健康食品を利用する際のポイント
・宣伝文句だけでなく、パッケージの表示をしっかり確認し、自分に合ったものを選びましょう。
・治療を受けている人は薬との飲み合わせなど、利用前に医師や薬剤師に相談しましょう。
・複数の製品を同時に利用するときは、思わぬ健康被害を受けることがあるので注意しましょう。
・摂取量や期間、医薬品の服用状況などの利用状況について記録しておきましょう。
・体調不良を感じたらすぐに利用をやめて医療機関を受診しましょう。

■健康食品の安全性・有効性情報
国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所(国立健康・栄養研究所)のホームページに健康食品に用いられる素材の安全性や有効性の情報が掲載されていますので、ご確認ください。