東京五輪代表24人を独自予想 「プレミア12」世界一メンバーで残るのは?

©株式会社Creative2

東京五輪の選手登録枠は24人となる【写真:荒川祐史】

東京五輪では選手登録が24人に減少、「-4」で選手構成どうなる?

「第2回 WBSC プレミア12」で10年ぶりに世界一に輝いた野球日本代表「侍ジャパン」。17日に行われた韓国との決勝では、4年前の第1回大会で敗れた韓国に雪辱を果たし、悲願の初優勝を手にした。主要国際大会で侍ジャパントップチームが世界一となるのは2009年のWBC以来となった。

 来年の東京五輪に向けた試金石となったこの大会。五輪出場を決めたメキシコや韓国とも戦い、貴重なシミュレーションの場となった。世界一にも輝いたが、来年の東京五輪に向けて稲葉篤紀監督が頭を悩ますことがある。それが、選手の登録枠。「プレミア12」では28人だった選手登録が五輪では24人に減少する。

 プレミア12から4人が削られるだけに、人選には相当頭を悩ますことになる。プレミア12での周東佑京外野手のような“スペシャリスト”に限られた枠を使うのか、などもポイントになりそうだ。そこでここでは今回の「プレミア12」のメンバーをベースに、来春の東京五輪の24人を独自に予想してみよう。

 五輪にはMLBの協力は難しく現役メジャーリーガーの参加は難しい。また、今オフにメジャーリーグ挑戦を目指す秋山翔吾外野手、菊池涼介内野手、筒香嘉智外野手、山口俊投手も候補からは除外した。(※は今回のプレミア12のメンバー外)

【投手】12人
先発:今永昇太、岸孝之、※千賀滉大、※菅野智之、※則本昂大、※有原航平
先発中継ぎ:高橋礼、山本由伸
リリーフ:山崎康晃、甲斐野央、※松井裕樹、※宮西尚生
(その他の候補:大瀬良大地、山岡泰輔、森原康平、森唯斗、中川皓太、田口麗斗、大竹寛ら)

【捕手】2人
會澤翼、甲斐拓也
(その他の候補:小林誠司、森友哉ら)

【野手】10人
内野:坂本勇人、山田哲人、浅村栄斗、外崎修汰、松田宣浩、源田壮亮
外野:鈴木誠也、吉田正尚、近藤健介、※柳田悠岐
(その他の候補:岡本和真、高橋周平、中田翔、周東佑京、丸佳浩、山川穂高ら)

 五輪の代表選考について稲葉篤紀監督は「今回の選手というのは土台にしていきます。来年の調子を含めて色々なことがあると思いますので。今回も甲斐野がルーキーであれだけの活躍をしてくれた。そういう選手が出てくれば考える必要が出てくる。ある程度、調子を見ながらになると思います」と語っている。あくまでも今回の28人は土台になってくるようだ。

外崎は内外野のユーティリティー、近藤は“第3の捕手”

 その中で、まず投手に関しては千賀滉大投手、菅野智之投手は東京五輪に欠かせない存在になるだろう。経験から言っても、日本でトップクラスの実力の持ち主であることは疑いの余地もない。今回は出場辞退となった松井裕樹投手やパ・リーグを代表する則本昂大投手や有原航平投手が入ってきてもおかしくない。

 今回は嘉弥真新也投手や中川皓太投手、田口麗斗投手と左のリリーフが3枚入っていたが、ここには宮西尚生投手を推したい。その実績は随一で、左のリリーフは宮西と松井の2枚でカバーできるのではないだろうか。

 野手に関しては登録枠が減ることから、このプレミア12のメンバーがほとんどになるのではないか。ただ、不可欠な存在が、柳田悠岐外野手。昨秋の日米野球でも見せたように、MLBのトップ選手の度肝を抜くほどの力を持っており、コンディションが良好であれば、メンバーに入ってこないはずがないだろう。

 松田宣浩内野手は今大会では奮わなかったものの、やはり雰囲気を作れる存在としてチームに置いておきたい。練習中のムードを作り、たとえ劣勢となっても盛り上げられるキャラクターは魅力的だ。

 野手は一塁と二塁を山田と浅村、三塁を松田宣と外崎、遊撃を坂本と源田でカバー。外野は柳田、鈴木は不動で、残りを近藤、吉田、そして外崎で埋める。外崎は内外野のユーティリティー、近藤は不測の事態の“第3の捕手”としても外せない人材ではないか。(Full-Count編集部)