衆院憲法審査会、協議平行線

国民投票法21日採決巡り

©一般社団法人共同通信社

国会内で開かれた衆院憲法審査会幹事懇談会=20日午前

 与野党は20日午前、衆院憲法審査会の幹事懇談会を開いた。与党は憲法改正手続きに関する国民投票法改正案を巡り、21日に質疑と採決を行う日程を提案したが、野党は国民投票時の政党CM規制を議論するよう求め、平行線に終わった。同日中に再度協議する予定。幹事懇に先立ち、自民党の二階俊博、公明党の斉藤鉄夫両幹事長が東京都内で会談し、野党の同意を得て改正案の今国会成立を図る方針を改めて確認した。

 与野党の今後の協議により、21日の開催で合意できるかどうかが焦点となる。