八代市内の保育園児360人が芋掘り

©株式会社熊本日日新聞社

 

大きなサツマイモを掘り出してよろこぶ園児=八代市

 13日、YKKAP九州製造所が、郡築一番町の独身寮敷地にあるサツマイモ畑(650平方メートル)に園児たちを招いた。地域貢献活動の一環で17回目。園児たちは、泥だらけになって芋を掘り出すと大きな歓声を上げていた。白島ぎんが保育園の池田晃弥(こうや)ちゃん(6)は「大きい芋がたくさんとれて楽しかった。お父さんやお母さんに見せて、みそ汁で食べたい」と笑顔を見せた。

熊本日日新聞 2019年11月17日掲載