F1アブダビGPのタイヤ選択が明らかに。レッドブル&トロロッソは最もソフト寄りの選択

©株式会社サンズ

 F1タイヤサプライヤーのピレリが、2019年最終戦アブダビGPに向けて各ドライバーが選択したタイヤコンパウンドの内訳を発表した。

 ヤス・マリーナ・サーキットを舞台に開催されるアブダビGPに持ち込まれるタイヤは、最も硬いハードタイヤ(ホワイト)がC3、中間のミディアムタイヤ(イエロー)がC4、最も柔らかいソフトタイヤ(レッド)がC5となっている。

 レッドブル・ホンダは、前戦ブラジルGPで今シーズン3勝目を飾ったマックス・フェルスタッペンとチームメイトのアレクサンダー・アルボンが同じ選択をしており、ソフトタイヤが9セット、ミディアムタイヤが3セット、ハードタイヤが1セットとなっている。

 トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトはソフトタイヤが9セット、ミディアムタイヤが3セット、ハードタイヤが1セット。ブラジルGPでF1初表彰台を獲得したチームメイトのピエール・ガスリーはソフトタイヤを9セット、ミディアムタイヤとハードタイヤを2セット選択している。

 メルセデス勢はルイス・ハミルトンがソフトタイヤを8セット、ミディアムタイヤを3セット、ハードタイヤを2セット選択。バルテリ・ボッタスはソフトタイヤが同じく8セット、ミディアムタイヤを4セット、ハードタイヤが1セットだ。

 フェラーリ勢はセバスチャン・ベッテルがボッタス同じ選択をしており、シャルル・ルクレールもハミルトンと同様の内訳となっている。

 なおアブダビGP終了後には同地でタイヤテストが行われる予定であり、このテストが2020年仕様タイヤの最終テストとなる。第19戦アメリカGPのフリー走行1回目でも2020年仕様のタイヤを履いて走行が行われたが、ドライバーからはグリップ不足だという意見が上がっていた。

 そのため2020年シーズンは2019年仕様のタイヤを継続するという案も検討されているが、アブダビでのテスト後に投票が行われ、そこで新しい2020年仕様のタイヤを導入するのか、あるいは来年も2019年仕様のタイヤを使うのかが決まることになっている。

全ドライバーのタイヤ選択(アブダビGP)