元乃木坂46・斎藤ちはるアナがナレーション初挑戦! 後輩・鈴木絢音のヒコーキ愛にビックリ!!

©株式会社東京ニュース通信社

CS放送のテレ朝チャンネル1 ドラマ・バラエティ・アニメで11月24日放送の「乃木坂46 鈴木絢音の『そら気分~ヒコーキに会いたい!!』」(午後10:00)で、元乃木坂46でテレビ朝日アナウンサーの斎藤ちはるがナレーションを担当することが分かった。

番組では飛行機が大好きな乃木坂46・鈴木絢音が、メンバーの北野日奈子、渡辺みり愛とともに、飛行機の魅力を発見するスポットを巡っていく。羽田空港ではジャンボジェットの機体メンテナンスセンターを訪れ、中部国際空港セントレアの新名所「FLIGHT OF DREAMS」では、ボーイング787のテーマパークを体験するなど、飛行機マニアも仰天のマル秘スポットに潜入する。さらに、客室乗務員の制服に着替えた3人が憧れのCA体験に挑むなど、見どころが満載だ。

本番組がナレーション初体験だった斎藤アナは収録を終えて、「初挑戦だったのでちょっと不安でしたが、仲良しだったメンバーが普段の“素”の表情で出演しているのを見て、懐かしくなりました」と感想を述べ、「出演中の『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)では、落ち着いた感じの私をお見せできているかなと思うんですが、それとは違う一面を出せたかなと思います! スイッチが入って、明るく元気な雰囲気でナレーションを録れたと思います」と振り返った。

また、乃木坂46の後輩・鈴木がヒコーキ好きだということについては、「もちろん知っていました!(笑) ただ、機体の実物や写真を見て機種が分かるくらい詳しいとは正直思っていなかったので、ビックリしています」と驚きを見せ、「3人のCA姿もかわいかった!! みんな、少しお姉さんになっているように感じましたね」と後輩メンバーの成長を感じた様子。

最後に番組の見どころについて、「今回は声だけだったんですけど、乃木坂46のメンバーと共演するのが目標だったので、それがかなったことがうれしかったです。モニター越しですが、笑っちゃうくらい3人の素が出ているので、それを見てもらいたいです。そして、絢音ちゃんの“ヒコーキ愛”にいい意味でゾッとしながら(笑)、見ていただけたらと思います」とアピールした。