「おっさんずラブ」“愛と憎しみの卓球対決”! 恋心が大爆発 サーっっ!!

©株式会社東京ニュース通信社

11月23日放送のテレビ朝日系連続ドラマ「おっさんずラブ-in the sky-」(土曜午後11:15)第4話で、おっさんたちの“愛と憎しみの卓球対決”が繰り広げられることが分かった。

第3話で、雨の中、春田創一(田中圭)が副操縦士の成瀬竜(千葉雄大)を抱きしめている現場を目撃した四宮要(戸次重幸)。ショックを受ける四宮を心配する広報部の橘緋夏(佐津川愛美)に、「俺は、春田が好きなんだ」と、これまで秘めてきた思いを打ち明けてしまう。一方で、実は親子であることが発覚した黒澤武蔵(吉田鋼太郎)と緋夏。それのみならず、緋夏が春田に好意を抱いていることを知った黒澤は、断腸の思いで恋愛戦線から離脱する決意をするも、やはりどうしても諦めることができずにいた。

そんな中、四宮の誕生日パーティーに、それぞれの胸中に複雑な思いを秘めたおっさんたちが大集結することに。男たちの複雑な心理を知ってか知らずか、相変わらず無防備かつ無邪気すぎる春田の姿に我慢の限界を迎えた黒澤は、突如「ここらで決着つけようか!」と卓球大会の開催を宣言する。

かつてないほどに思いのこもった前代未聞の卓球シーンの撮影に挑んだのは、田中、吉田、千葉、戸次の4人。千葉と戸次は現場に入るや否や卓球台を前にテンションアップ! 2人で本番ギリギリまで実際に卓球をして楽しむ余裕も見せた。そして、いざ撮影が始まると、吉田演じる黒澤は恋のライバルたちに向かって牙をむき、ラケットやかごなどを手当たり次第に投げ、投げるものがなくなるとついにはスリッパを持ち出して大暴走!

それぞれの思いを乗せ、スマッシュとともに繰り出される男たちの本音。果たして、“愛と憎しみの卓球対決”の行方は…!?