アップアップガールズ(仮)[LIVE SHOW CASE レポート]観るもの全員を惹きつけたライブアイドル界の重鎮

©JAPAN MUSIC NETWORK, Inc.

アップアップガールズ(仮)[LIVE SHOW CASE レポート]観るもの全員を惹きつけたライブアイドル界の重鎮

<LIVE SHOW CASE 2019 Autumn 〜アイドルの加速器になりたい〜>が、11月10日(日)に東京・山野ホールにて開催された。アイドルとメディアコラボをテーマに、26組のアイドルが顔を揃えた本イベントから、アップアップガールズ(仮)のライブレポートをお届けしよう。

【画像はこちら】

取材・文:向井美帆

新曲「HAPPY NAKED!!」でライブの火蓋を切ったアップアップガールズ(仮)。両手をピースサインにして踊るサビの振付で客席の雰囲気をタイトルどおり、“HAPPY”に染め上げると、ソロパートではアグレッシブなダンスで貫禄を魅せつける。

新井愛瞳の“まだまだ盛り上がっていくよ!”という煽りのもと披露した「バレバレI LOVE YOU」は、初期から人気のあるキュートなナンバー。Aメロから彼女たちの持ち味とも言える“推しジャン”を解禁させ、客席の熱気を急上昇させる。最後の“チュウポーズ”では、関根梓が古川小夏にキスする素ぶりを見せると大きな歓声が上がっていた。

「PROMISE TRAIN」、「アッパーレー」とアッパーチューンを次々にたたみかけ、客席とステージの一体感が最高潮に達したところで、ラストの「お願い魅惑のターゲット」へ。メンバー1人ひとりがしっかりとフロアを見渡し、指差しやコール&レスポンスを楽しみつつ、ステージの幕を下ろした。

この日、アプガ(仮)のステージをフロアで真剣に観ている共演アイドルたちの姿が数多く見られた。結成から8年。ライブアイドル界の重鎮として、まさに観るもの全員を惹きつけるステージングを見せてくれた。

関根梓(アップアップガールズ(仮))<LIVE SHOW CASE 2019 Autumn 〜アイドルの加速器になりたい〜>
新井愛瞳(アップアップガールズ(仮))<LIVE SHOW CASE 2019 Autumn 〜アイドルの加速器になりたい〜>
佐保明梨(アップアップガールズ(仮))<LIVE SHOW CASE 2019 Autumn 〜アイドルの加速器になりたい〜>
森咲樹(アップアップガールズ(仮))<LIVE SHOW CASE 2019 Autumn 〜アイドルの加速器になりたい〜>
古川小夏(アップアップガールズ(仮))<LIVE SHOW CASE 2019 Autumn 〜アイドルの加速器になりたい〜>
アップアップガールズ(仮)<LIVE SHOW CASE 2019 Autumn 〜アイドルの加速器になりたい〜>

アップアップガールズ(仮)<LIVE SHOW CASE 2019 Autumn 〜アイドルの加速器になりたい〜>