映画『Fukushima 50(フクシマフィフティ)』サントラ発売決定

岩代太郎の重厚なスコアに、映画音楽初参加となるヴァイオリニスト五嶋龍をフィーチャー

©ユニバーサル ミュージック合同会社

2011年3月11日午後2時46分、東日本大震災発生。全世界が震撼した福島第一原発事故の関係者90人以上への取材をもとに綴られたジャーナリスト、門田隆将渾身のノンフィクション作品「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」(角川文庫刊)原作の映画『Fukushima 50(フクシマフィフティ)』(2020年3月6日(金)全国公開)のオリジナル・サウンドトラックの発売とその内容が発表された。

スコアを担当するのは『レッドクリフ』(ジョン・ウー監督)、『殺人の追憶』(ボン・ジュノ監督)などの海外作品や、NHK大河ドラマ『義経』『葵・徳川三代』など、映画・テレビ・アニメ・舞台など幅広いジャンルで活躍する岩代太郎。

今回が映画音楽初となる世界的ヴァイオリニスト五嶋龍や、日本を代表するチェリストの一人長谷川陽子といった豪華ソリストをフィーチャー。東京フィルハーモニー交響楽団による重厚なサウンドが、壮大なドラマに相応しい音楽を奏でている。

■リリース情報

映画『Fukushima 50(フクシマフィフティ)』 オリジナル・サウンドトラック 岩代太郎

A Setsuro Wakamatsu Film Fukushima 50 Original Motion Picture Soundtrack Album Music by Taro Iwashiro

発売日:2020年3月4日(水)

品番:UCCS-1269

定価:¥2,500(税抜価格)+税

購入はこちら

収録曲 Symphonic Suite F / 交響組曲

F 01 1st Chapter All Life

02 2nd Chapter A Gift

03 3rd Chapter Operation TOMODACHI

04 4th Chapter Home Country Forevermore

05 Pride and Fear

06 The Last Atonement

07 50 Wills

08 In Memoriam F

09 Unseen Existence α

10 The F Refuge Camp

11 Be with Danny Boy

12 Nobody Comes, but the Flower Blooms

13 Dear 50

【演奏】

東京フィルハーモニー交響楽団

指揮:岩代太郎

五嶋龍(ソロ・ヴァイオリン)

長谷川陽子(ソロ・チェロ)

テンプル教会少年聖歌隊 エリザ・マーシャル(バーンスリー、ティン・ホイッスル、ロー・ホイッスル)

中原直生(イーリアン・パイプス)

岩代太郎(ピアノ、キーボード)

宮井英俊(プログラミング)

■映画『Fukushima 50(フクシマフィフティ)』

出演:佐藤浩市 渡辺謙 吉岡秀隆 緒形直人 火野正平 平田満 萩原聖人 吉岡里帆 斎藤工 富田靖子 佐野史郎 安田成美

監督:若松節朗  

脚本:前川洋一  

音楽:岩代太郎

原作:「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」門田隆将(角川文庫刊)

製作:KADOKAWA  

配給:松竹、KADOKAWA 

© 2020『Fukushima 50』製作委員会

2020年3月6日(金) 全国ロードショー