東海道新幹線で新たな大雪対策

JR東海、運転台カメラで監視

©一般社団法人共同通信社

 JR東海は20日、大雪による東海道新幹線のダイヤの遅れや車両への影響を少なくしようと、今冬から新たに運転台や車両床下にカメラを設置し、指令所でリアルタイムに降雪の状況を把握できる仕組みを導入すると発表した。これまでは運転士から「地面がほぼ見えない」などと口頭で伝えられた内容を指令所で協議し、徐行運転が必要かどうか決定していた。

 JR東海によると、運転台のカメラは年内に50編成に入る。運転台前方の画像が直接、指令所に入ることで、従来より迅速な判断につなげる。

 また今回は4編成の床下にカメラを置き、気象条件や実際に雪が床下につく状況のデータを分析する。