西武秋山は「2つの需要を1人で満たせる」 米紙がカブスに獲得を推薦する理由

©株式会社Creative2

FAでメジャー挑戦する西武・秋山翔吾【写真:荒川祐史】

カブスは今季、先頭打者の打率.212、出塁率.294がどちらもメジャー最下位

 海外FA権を行使してメジャー移籍を目指す西武の秋山翔吾外野手について、米経済紙「フォーブス」がカブスに獲得を“進言”した。高い出塁率と中堅守備で「2つのロースターの穴を埋められるだろう」としている。

 記事では、出塁率の高さを武器にカブスの2016年ワールドシリーズ制覇に貢献したファウラーが、その年限りでチームを去ってから、先頭打者と中堅手の生産性が低いことに言及。「カブスがアキヤマと契約できたら、チームの2つの需要を1人で満たせる」と獲得を勧めている。

 秋山がフィットする理由として最初に挙げられているのは出塁率の高さだ。記事では日本時代の秋山の出塁率を紹介。NPB9年間の通算出塁率.376で、2015年以降.385を下回ったシーズンはない。また、2018年には.403、2015年には.419と4割を超えているシーズンもある。

アキヤマを獲得することは正しい方向へのステップ」

 記事によると、カブスは今季、先頭打者の打率.212、出塁率.294がどちらもメジャー最下位だったという。チームのコンタクト率も73.3%とメジャー22位だったことから「アキヤマを先頭打者にすれば、この問題を解決する助けとなるだろう」とチームの弱点を埋めるのに最適だとしている。

 もう1つの理由は、秋山を中堅で起用することによって、中堅よりも右翼を得意とするヘイワードをフルタイムの右翼手とできること。他の中堅手候補にはアルモラJr.とハップがいるが、アルモラはJr.は守備は良いが打撃が良くなく、ハップはアルモラよりは良いものの、三振が多いとの評価だ。

 カブスは今季、5年ぶりにポストシーズン進出を逃してマドン監督が退任。2016年世界一メンバーのロス新監督を迎えている。同地区にはカージナルス、ブルワーズと強力なライバルがいるが、「カブスが激戦のナ・リーグ中地区を勝ち抜きたいのであれば、アキヤマを獲得することは正しい方向へのステップである」と同紙は指摘。移籍が実現すれば強力なピースとなるかもしれない。(Full-Count編集部)