帯広の夏を彩った阿波おどり

©株式会社VOTE FOR

【姉妹都市締結35周年記念事業】

◆産業文化姉妹都市・徳島市との記念事業
徳島県徳島市と帯広市は、帯広開拓100年の昭和57年に産業文化姉妹都市を締結しました。平成29年には35周年を迎え、同年、帯広市から15人の親善訪問団を徳島市に派遣しました。
徳島市との周年事業による相互派遣は、交流間隔が空かないよう2年ずらして行っており、今年8月に、徳島市から31人の阿波おどり親善訪問団が来帯しました。

◇徳島市親善訪問団が本場の阿波おどりを披露
来帯中、徳島県阿波踊り協会から選抜された踊り手と鳴り物の皆さんによる阿波おどりを、おびひろ平原まつりで5年に一度開催される「全道阿波踊り大会」で披露しました。
さらに訪問団は、帯広競馬場でも阿波おどりを披露したほか、阿波おどり体験や写真撮影を通じて来場者と交流しました。
また、ばんえい競馬協賛レース「徳島市阿波おどり親善訪問記念」の実施や、徳島市の観光パンフレットやうちわなどを配布し、徳島市をPRしました。
親善訪問団の皆さんは、徳島市と帯広市のより一層の交流促進に尽力してくださり、帯広市民が姉妹都市・徳島市の魅力をさらに深く知るきっかけとなりました。