いきものがかり・水野良樹が明かす、紅白歌合戦の舞台裏「めっちゃピリピリしている」

©株式会社J-WAVE

J-WAVEで放送中の番組『SPARK』(月曜ナビゲーター:水野良樹)。11月18日(月)のオンエアでは、いきものがかりが出場する「NHK紅白歌合戦」の舞台裏を語った。

■紅組で出場する男性たちの居場所

先日、大みそかに放送される「第70回NHK紅白歌合戦」の出場者が発表された。いきものがかりは紅組での出場が決定。水野が、出場決定の喜びを語った。

水野:この番組に出場すると、色んな人に「おめでとう」と祝福してもらえて、すごくありがたいことだなと思います。この番組だけは他のテレビ局の人にも祝福されるから、それくらい特別な番組だと感じます。

いきものがかりは、ボーカルの吉岡聖恵が女性のため紅組での出場となる。

水野:いきものがかりは、紅組として今回で11回目の出場になります。これがなかなか緊張するんです。本番当日の紅組の舞台袖では、豪華な衣装を着て完璧な状態の歌姫のみなさんとか、メイクさんやスタイリストさんとかもいてごった返していて、めっちゃピリピリしているんです。その中に、いきものがかりの男子ふたりがいるわけです(笑)。本番の数十秒前にスタッフがはけるタイミングで、僕らふたりがはけなかったときの「お前ら……、ああ、いきものがかりね」って空気がなんともいえなくて(笑)。

以前出演した際には、出演者全員がステージに向かうタイミングで、女性の大御所演歌歌手が吉岡だけを連れて行ってしまったことがあったという。

水野:僕らふたりだけ置いて行かれると切なくてね。でも、今回はFoorin(米津玄師の作詞・作曲、プロデュースによる小中学生の音楽ユニット)が紅組で出場するから、そのメンバーの男の子たちと一緒にがんばっていきたいと思います。

また、この週は「我が家の自慢」をテーマにメッセージを募集。リスナーから「水野さんの家にある高価なモノは?」という質問が届いた。これに水野は、「家宝と言えるほど自慢できるもの」として、王 貞治や長嶋茂雄といった「V9」時代の読売ジャイアンツの選手のサインが入った色紙を挙げ、「絶対売らないけど、いつか鑑定に出したい!」と語った。

いきものがかりは、12月25日(水)に5年ぶりのオリジナルフルアルバム『WE DO』をリリースする。また、そのアルバムを引っさげたツアー「いきものがかりの みなさん、こんにつあー!! 2020~結成20周年だよ!! WE DO!!!~」が2020年春から開催予定だ。詳しくはいきものがかりの公式サイトをチェックしてみてほしい。

J-WAVE『SPARK』では、月曜から木曜まで日替わりのアーティストがナビゲーターを務め、毎週月曜日は水野良樹(いきものがかり)が担当する。放送は月曜~木曜の24時00分から25時00分まで。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】

番組名:『SPARK』
放送日時:月・火・水・木曜 24時-25時
オフィシャルサイト: https://www.j-wave.co.jp/original/spark/