神田松之丞がシュワちゃんに大接近! 滝沢カレンのためにアポなし突撃!!

©株式会社東京ニュース通信社

テレビ朝日系で11月23日放送の「松之丞カレンの反省だ!」(土曜深夜0:10)では、神田松之丞が「カレンのためにシュワルツェネッガーのサインをもらう」という一大ミッションに挑む。

同番組は“今、最もチケットが取れない講談師”として注目を集める神田松之丞と、バラエティー番組で絶妙な発言を繰り出し、“言葉の魔術師”と評される人気モデル・滝沢カレンの異色タッグが大好評のトーク・バラエティー。松之丞がさまざまな現場をロケ取材、その模様をスタジオでカレンと共に見ながら“あーだこーだ”と反省してきたが、今回は、公開中の映画「ターミネーター:ニュー・フェイト」のプロモーションで来日していたアーノルド・シュワルツェネッガーに、滝沢が“アーノルド”と呼び愛してやまない彼のサインをもらおうと大接近する。

今回の企画は、映画とタッグを組んだ講談動画が話題となった松之丞がレッドカーペットを歩くことになり、その様子を密着するという形でスタート。レッドカーペットを歩く直前、松之丞に“シュワルツェネッガーのサインをもらい、カレンにプレゼントしよう”という指令が出されるが、なんと番組としてシュワルツェネッガーからスケジュールはもらっておらず、会う時間もないことが伝えられる。「どういうことですか? もう無理じゃないですか?」と松之丞はあきらめ度120%。

スタッフは、松之丞がレッドカーペットを歩いた後、そのままマスコミエリアへと移動し、レッドカーペットを歩くシュワルツェネッガーを待ち受けてサインをもらうという秘策を伝える。「それじゃYouTuberじゃないですか」と抵抗する松之丞だが、そんなVTRを見る滝沢は「最高のVTRじゃないですか!」と喜びMAX。今回の来日でシュワルツェネッガーと夢の対面は果たしたもののサインだけはもらえなかった滝沢は、このミッションの成功を祈るように見つめる。

いよいよレッドカーペットがスタートし「ターミネーター」ファンの中を歩いた松之丞は、「シュワちゃんとかリンダを見たいと涙を流して待っている人たちの中でしゃべるって、地獄なんですよ」と複雑な心境を告白。本人いわく、地獄のようなレッドカーペットが終了すると、すぐさまマスコミエリアに移動。次々と登場する「ターミネーター:ニュー・フェイト」を彩るハリウッド俳優や監督らに声をかけていく。そして、リンダ・ハミルトンに続き、ひときわ目立つ高級車でついにシュワルツェネッガーが姿を現した。

スタジオではVTR越しに「かっこいい車! うわー!!」と滝沢は大興奮。現場の松之丞も「確かにかっこいい、本物のスターですね」とさすがに興奮を抑えきれないといった状況に。ゆっくりとレッドカーペットを歩いて近づいてくるシュワルツェネッガーとなんと2ショット写真を撮ることに成功! 果たして松之丞は肝心のサインをゲットし、滝沢に送り届けることができるのか?