【柔道GS大阪】いきなりクライマックス!決勝で丸山VS阿部が実現か!?

©株式会社テレビ東京

世界選手権での丸山城志郎(ミキハウス)と阿部一二三(日体大)Photo Sachiko Hotaka

11月22日に開幕する柔道グランドスラム大阪。
2020年東京オリンピック代表選考を兼ねる大一番に日本代表はどんな思いで挑むのか。
男女全階級の見どころを紹介する全14回連載の7回目。

グランドスラム大阪2019(11月22~24日・丸善インテックアリーナ大阪 以下GS大阪)の組み合わせが21日決定した。大会初日に行なわれる男子66kg級で第1シードで今年の世界王者・丸山城志郎(ミキハウス)と第3シードで17・18年の世界王者・阿部一二三(日体大)は別ブロックで、お互い順当に勝ち上がれば決勝でぶつかることになった。

丸山城志郎(ミキハウス)Photo Sachiko Hotaka

振り返ってみれば、昨年のGS大阪で丸山は決勝で阿部から巴投で技ありを奪い阿部の大会3連覇を阻止した。まだ主語は阿部だったが、この大会での優勝をきっかけに、丸山の快進撃は始まったといっていい。

20日に行なわれた公開練習で丸山は「思い通りにいかないのが勝負の世界」と手綱を締め直していた。

「世界選手権のようにアクシデントがあるかもしれないが、そういうことは考えず、″丸山、強いな″というところを見せつけたい」

世界選手権以来となる阿部とのライバル対決について訊かれると、丸山は即答した。

「もちろん勝つだけ。その気持ちだけ」

今年の世界選手権で優勝し今大会も制すると、東京オリンピック代表内定の可能性も出てくる。そんな大一番に関していえば、あえて意識していないことを強調した。

「今大会は大野将平選手が欠場になったので、男子では自分だけリーチがかかっている状況かもしれないが、そういうことは一切考えず、自分が貫いてきた気持ちをぶつけたい」

阿部一二三(日体大)Photo Sachiko Hotaka

いずれにせよ、世間の目は決勝で丸山VS阿部が実現するかどうかに集中している。丸山が伝家の宝刀である内股で阿部を返り討ちにするのか。それとも″10年に一人の逸材″といわれる阿部が雪辱を果たすのか。

初日から、いきなりクライマックス!

男子66kg級の相田勇司(國學院大)

文=フリーライター・布施鋼治

11月22日(金)~24日(日) 連日ゴールデンタイムにて放送予定!

今年は東京五輪代表の座をかけた選考大会! 8月の世界柔道で優勝した大野将平、丸山城志郎、阿部詩、素根輝は、この大会でも優勝すると、五輪代表がほぼ内定! その他の選手にもこの大会の活躍次第でまだまだ代表の可能性が!

番組HP: