【柔道GS大阪】追われる立場になった世界女王・阿部詩 準決勝で志々目愛との大一番が実現!?

©株式会社テレビ東京

阿部詩(日体大)Photo Sachiko Hotaka

11月22日に開幕する柔道グランドスラム大阪。

2020年東京オリンピック代表選考を兼ねる大一番に日本代表はどんな思いで挑むのか。男女全階級の見どころを紹介する全14回連載の8回目。

21日に行なわれた決戦を翌日に控えた公開練習。髪の毛を短くした、52kg級の阿部詩(日体大)はすでに腹を括っていた。

「自分の目標としていたオリンピックが近づいた一番大切な試合。覚悟を決めて試合に挑みたい」

世界女王としてグランドスラム大阪(以下GS大阪)でも優勝すれば、東京五輪代表に決まる可能性は極めて高い。

「周りは優勝を期待していると思う。その気持ちにしっかり応えられるように頑張りたい」

阿部は自分が追われる立場にいることも承知している。

「(いずれも)簡単な試合ではないと思っている。内容はもちろん、結果も求めて戦っていきたい」

阿部は第2シード。順当に勝ち上がれば、準決勝では志々目愛(了徳寺大学職)との日本人同士の大一番が実現する可能性が高い。昨年の世界選手権でも両者は顔を合わせたが、阿部が志々目の得意技である内股で技ありを奪い金メダル。通算戦績は阿部が5勝1敗と大きく勝ち越している。

志々目愛(了徳寺大学職)Photo Sachiko Hotaka

一方、志々目は一昨年の体重別で阿部から逆転勝利を収めた時以来の勝利を狙う。どんな対策を立てているのか、注目したい。

もう一方のブロックからは世界ランキング1位のアマンディーヌ・ブシャール(フランス)が勝ち上がってくるのか。今年の世界選手権でブシャールは準決勝で敗北。3位決定戦でも志々目に抑え込まれメダルを逸した。

52kg級の前田千島 Photo Itaru Chiba
52kg級の内尾真子

ブシャールの憧れは阿部。しかしながら、その阿部に勝たなければ、東京オリンピックでの活躍はないことも把握している。過去阿部には4戦4敗と分は悪いが、得意の肩車で″詩越え″を狙う。

文=フリーライター・布施鋼治

11月22日(金)~24日(日) 連日ゴールデンタイムにて放送予定!

今年は東京五輪代表の座をかけた選考大会! 8月の世界柔道で優勝した大野将平、丸山城志郎、阿部詩、素根輝は、この大会でも優勝すると、五輪代表がほぼ内定! その他の選手にもこの大会の活躍次第でまだまだ代表の可能性が!

番組HP: