国民健康保険被保険者のみなさまへ

©株式会社VOTE FOR

〈保健福祉課だより〉
◆ジェネリック医薬品をご存じですか?
ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは、最初に開発された新薬(先発医薬品)の特許期間が切れたあとに、製造・販売される、新薬と同じ有効成分・効能・効果をもつ医薬品のことです。
安全性については、新薬と同様に薬事法に基づいて厳格に審査され、厚生労働省の認可、厚生労働大臣の承認を受けた安全なお薬だけが製造・販売されています。

◆ジェネリック医薬品が普及していくと…
(1)年々増え続ける医療費の節減につながります。
(2)医療保険制度の安定(国保税増加の抑制)につながります。
(3)お薬代の自己負担が軽減する場合があります。
※ジェネリック医薬品に切り替えた場合でも、お薬代の自己負担がそれまでとあまり変わらない、または上がる可能性もあります。

◆ジェネリック医薬品に関するお知らせをお送りしています
大鰐町国保では、ジェネリック医薬品に切り替えた場合のお薬代の差額をお知らせする『ジェネリック医薬品利用差額通知』をお送りしています。
大鰐町国保における平成30年度の利用割合は、80.9%(前年度より3.9%上昇)でした。

◆ジェネリック医薬品を希望される場合は…
まずは医師・薬剤師にご相談ください。
ただし、すべてのお薬にジェネリック医薬品があるわけではありません。
また、症状や治療内容によっては、ジェネリック医薬品に切り替えることができない場合があります。
なお、医療機関等によっては取り扱いのないジェネリック医薬品もありますので、その場合も切り替えることができない場合があります。
医師や薬剤師にジェネリック医薬品への変更を言い出しづらい場合は、被保険者証の交付時に同封している『ジェネリック医薬品希望カード』を提示することで意思表示することができます。

治療の幅を広げる新薬と、身近な病気の医療費節減につながるジェネリック医薬品、いつでも安心して医療が受けられるように、上手に使い分け医療保険制度を守りましょう。